このエントリーをはてなブックマークに追加


Ubuntuサーバーで自動アップデートを有効・無効にする方法

Ubuntu Serverをインストールした時、自動アップデートの有効・無効の選択が表示されます。
本記事は自動アップデートの設置方法を記しています。
使用したUbuntuサーバーは12.04になります。


スポンサーリンク

unattended-upgradesパッケージ

unattended-upgradesがインストールされているか確認します。
以下、dpkgコマンドでインストールされているか確認した時の出力です。

sakura@ubuntu:~$ dpkg -l | grep unattended
ii  unattended-upgrades               0.76ubuntu1                       automatic installation of security upgrades

インストールされていれば、自動アップデートが有効になっています。
unattended-upgradesは以下のコマンドでインストールすることができます。

apt-get install unattended-upgrades

自動アップデートの設定ファイルの在処

自動アップデートの設定ファイルは以下の場所にあります。

/etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades

以下、catで設定ファイルを出力しました。
内容を確認するとわかるのように、以下の設定が有効になっています。

"${distro_id}:${distro_codename}-security";

また、アップデートしたくないパッケージは以下の場所以降に追記すればいいのが確認できます。

Unattended-Upgrade::Package-Blacklist

アップデートによるメース送信も設定できます。

Unattended-Upgrade::Mail "root@localhost";
  • /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades
    sakura@ubuntu:~$ cat /etc/apt/apt.conf.d/50unattended-upgrades
    // Automatically upgrade packages from these (origin:archive) pairs
    Unattended-Upgrade::Allowed-Origins {
            "${distro_id}:${distro_codename}-security";
    //      "${distro_id}:${distro_codename}-updates";
    //      "${distro_id}:${distro_codename}-proposed";
    //      "${distro_id}:${distro_codename}-backports";
    };
    
    // List of packages to not update
    Unattended-Upgrade::Package-Blacklist {
    //      "vim";
    //      "libc6";
    //      "libc6-dev";
    //      "libc6-i686";
    };
    
    // This option allows you to control if on a unclean dpkg exit
    // unattended-upgrades will automatically run
    //   dpkg --force-confold --configure -a
    // The default is true, to ensure updates keep getting installed
    //Unattended-Upgrade::AutoFixInterruptedDpkg "false";
    
    // Split the upgrade into the smallest possible chunks so that
    // they can be interrupted with SIGUSR1. This makes the upgrade
    // a bit slower but it has the benefit that shutdown while a upgrade
    // is running is possible (with a small delay)
    //Unattended-Upgrade::MinimalSteps "true";
    
    // Install all unattended-upgrades when the machine is shuting down
    // instead of doing it in the background while the machine is running
    // This will (obviously) make shutdown slower
    //Unattended-Upgrade::InstallOnShutdown "true";
    
    // Send email to this address for problems or packages upgrades
    // If empty or unset then no email is sent, make sure that you
    // have a working mail setup on your system. A package that provides
    // 'mailx' must be installed.
    //Unattended-Upgrade::Mail "root@localhost";
    
    // Set this value to "true" to get emails only on errors. Default
    // is to always send a mail if Unattended-Upgrade::Mail is set
    //Unattended-Upgrade::MailOnlyOnError "true";
    
    // Do automatic removal of new unused dependencies after the upgrade
    // (equivalent to apt-get autoremove)
    //Unattended-Upgrade::Remove-Unused-Dependencies "false";
    
    // Automatically reboot *WITHOUT CONFIRMATION* if a
    // the file /var/run/reboot-required is found after the upgrade
    //Unattended-Upgrade::Automatic-Reboot "false";
    
    
    // Use apt bandwidth limit feature, this example limits the download
    // speed to 70kb/sec
    //Acquire::http::Dl-Limit "70";

以上、Ubuntuサーバーで自動アップデートを有効・無効にする方法と自動アップデートの設定方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:59 (1278d)