このエントリーをはてなブックマークに追加


IPアドレスを調べる・ip, hostname, ifconfig

Linuxで自機のアドレスを調べるにはip, hostname, ifconfigコマンドを発行します。

 

スポンサーリンク

ipコマンド

最近のLinuxでは、ifconfigからipコマンドに置き換わっています。
CentOS7だと、ifconfigがインストールされていません。
CentOS7の場合、net-toolsをインストールすれば使えるようになりますが…
このような場合は、ipコマンドを使用します。
以下に実行結果を記します。
3例とも同じ出力になっていますね。

ip addr show

~$ ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: wlo1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:11:22:33:44:1d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.31/24 brd 192.168.1.255 scope global dynamic wlo1
       valid_lft 14093sec preferred_lft 14093sec

ip a

~$ ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: wlo1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:11:22:33:44:1d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.31/24 brd 192.168.1.255 scope global dynamic wlo1
       valid_lft 14084sec preferred_lft 14084sec

ip address

~$ ip address
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: wlo1: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:11:22:33:44:1d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.31/24 brd 192.168.1.255 scope global dynamic wlo1
       valid_lft 14077sec preferred_lft 14077sec

inetをみれば、IPv4のIPアドレスおよびネットマスクが確認できます。

hostname -i or hostname -I コマンド

hostnameのヘルプをみると以下の記述があります。

~$ hostname --help
Program options:
<snip>
   -i, --ip-address       addresses for the host name
   -I, --all-ip-addresses all addresses for the host
   -s, --short            short host name
   -y, --yp, --nis        NIS/YP domain name
<snip>

hostnameの-iオプションを使用することにより、IPアドレスを確認した時の実行結果 しかし、問題があり/etc/hostsから引くようで、以下のようになります。

~$ hostname -i
127.0.1.1

/etc/hostsの内容を出力しているようです。

~$ cat /etc/hosts | grep `hostname`
127.0.1.1 stream

このような場合は、-Iオプションを使用すれば意図した動作になると思います。

$ hostname -I
192.168.1.31 

ifconfigコマンド

下記コマンドはフルパスで実行しています。
rootユーザであればパスが通っているはずなので、ifconfigのみで実行できると思います。

/sbin/ifconfig

下図は日本語出力の場合です。
inetアドレスがIPアドレスになります。
ちなみにハードウェアアドレスがMACアドレスです。

ifconfig-01.png
 

下図は英語出力の場合です。
inet addrがIPアドレスになります。
ちなみにHWaddrがMACアドレスです。

ifconfig-02.png
 

スポンサーリンク

 

添付ファイル: fileifconfig-01.png 5311件 [詳細] fileifconfig-02.png 1556件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-26 (火) 21:13:43 (359d)