このエントリーをはてなブックマークに追加


GPartedを使ってUSBメモリ,SDカードをFAT32でフォーマットする

注意:GPartedはとても強力なツールです。ドライブを間違うと大変なことになります。注意して使用してください。

USBメモリでLinuxのインストールUSBメモリを作成し、使用後にWindowsで使うためにFAT32にフォーマットしたいなぁ。
と思った方は本資料が役に立つと思います。

GParted GUI操作でストレージのフォーマットが簡単にできます。
本資料ではUSBメモリをFAT32でフォーマットする手順となります。
フォーマットですから、間違えるとすべて消えてしまいます。ご注意ください。



スポンサーリンク


動作確認環境

$ lsb_release -ad
No LSB modules are available.
Distributor ID:	Ubuntu
Description:	Ubuntu 20.04.3 LTS
Release:	20.04
Codename:	focal

GPartedのインストール

本資料は、ターミナルからGPartedをインストールします。

  1. ターミナルを起動します。
    term.png
     
  2. 以下のコマンドを入力し最新に更新します。
    sudo apt update && sudo apt upgrade -y
     
  3. 以下のコマンドで GParted をインストールします。
    sudo apt install GParted -y
     
  4. GParted がインストールされました。
    01.png
     

GPartedの起動

  1. フォーマットしたいUSBメモリをPCに挿します。
     
  2. GPartedを起動すると認証画面が表示されるので、パスワードを入力し認証をクリックします。
    02.png
     
  3. USBメモリをドロップダウンから選択します。
    この記事の環境では、/dev/sdbとなっています。
    USBメモリやSDカードなどUSBに挿したストレージを抜き差しし、GPartedを起動しデバイスの状態を確認すれば良いと思います。
    03.png
     

GPartedでFAT32にフォーマットする

上記スクリーンショットは、Ubuntuのインストール用USBメモリでした。
この状態をFAT32できれいにフォーマットします。

  1. USBメモリに対応するデバイス名をドロップダウンから選択します。
  2. 領域をクリックします。
  3. 右クリックし、削除を選択します。
    複数の領域(パーティション)がある場合は、領域をクリック~右クリックによる削除を繰り返します。
    04.png
     
  4. 削除完了のスクリーンショットです。
    未割り当てとなりました。
    05.png
     
  5. 未割り当ての領域を右クリックし、新規をクリックします。
    06.png
     
  6. ファイルシステムにFAT32を選択し、追加ボタンをクリックします。
    ラベルをつけたい場合は、ラベルに文字列を入力します。
    07.png
     
  7. ✅をクリックします。
    08.png
     
  8. 適用ボタンをクリックするとフォーマットが開始されます。
    09.png
     
  9. 以下のメッセージが表示されれば完了です。
    閉じるボタンを押して終了します。
    10.png
     
  10. GPartedを終了します。

以上、GPartedを使ってUSBメモリやSDカードをFAT32でフォーマットする手順でした。



スポンサーリンク

添付ファイル: file10.png 5件 [詳細] file09.png 5件 [詳細] file08.png 4件 [詳細] file07.png 5件 [詳細] file06.png 5件 [詳細] file05.png 4件 [詳細] file04.png 5件 [詳細] file03.png 4件 [詳細] file02.png 4件 [詳細] fileterm.png 4件 [詳細] file01.png 4件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-04 (火) 21:23:26