このエントリーをはてなブックマークに追加


LinuxでWindowsネットワークの名前解決と共有フォルダアクセス方法

本記事では、LinuxでWindowsネットワークの名前解決を実現するための設定記事です。
またWindowsネットワークの名前解決によりLinuxから共有フォルダへのアクセスする方法を記してあります。

Ubuntuを使って動作確認を行いましたが、Debian(系)であれば同様の手順で設定が可能でしょう。
またCentOSなどの場合でも、以下に記す設定およびパッケージをインストールすれば同様に実現可能であると思います。


スポンサーリンク

使用したディストーション

Ubuntu18.04を使って動作確認を行いました。

$ lsb_release -dd
Description:	Ubuntu 18.04.2 LTS

Windowsネットワークの名前解決(WINS)を実現する

Windowsネットワークの名前解決であるWINS(Windows Internet Naming Service)を以下の手順で実現します。
winbindパッケージのインストールと/etc/nsswitch.confに追加の設定をします。

/etc/nsswitch.confの設定

修正前の/etc/nsswitch.confは以下のようになっていました。

$ cat /etc/nsswitch.conf 
# /etc/nsswitch.conf
#
# Example configuration of GNU Name Service Switch functionality.
# If you have the `glibc-doc-reference' and `info' packages installed, try:
# `info libc "Name Service Switch"' for information about this file.

passwd:         compat systemd
group:          compat systemd
shadow:         compat
gshadow:        files

hosts:          files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns myhostname
networks:       files

protocols:      db files
services:       db files
ethers:         db files
rpc:            db files

netgroup:       nis

上記の hosts: 行の最後に wins を追記し保存します。
追記に関しては以下の操作手順で行いました。
本記事ではnanoを使用して修正していますが、みなさんの使い慣れたテキストエディタで修正してください。

  1. 端末(ターミナル)を起動します。
  2. テキストエディタ(nano)を管理者で起動しnsswitch.confを開きます。
    sudo nano /etc/nsswitch.conf
  3. 以下のように追記しました。
    • 修正前
      hosts:          files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns myhostname
    • 修正後
      hosts:          files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns myhostname wins
      11.png

winbindパッケージをインストールする

端末(ターミナル)を起動し、以下のコマンドを実行してください。
winbindパッケージをインストールします。

sudo apt install winbind -y

ちなみにwinbindパッケージの説明は以下の通りです。

$ apt show winbind
<省略>
Description: service to resolve user and group information from Windows NT servers
Samba は Unix システムでの SMB/CIFS プロトコルの実装です。ファイルを Microsoft Windows、OS X や
他のUnix システムと クロスプラットフォームに共有できるようにします。 Samba は NT4 ドメイン、
Active Directoryドメイン両方のドメインコントローラ またはメンバサーバとしても機能します。
<省略>

上記の操作によりパッケージのインストールと設定は完了です。

実際にWindowsマシンの共有フォルダにアクセスしてみる

Ubuntu18.04のNautilus(ファイル)を起動し、UNCを入力してみます。

  1. Nautilus(ファイル)を起動
  2. Ctrl+l でパス入力のテキストボックスを表示
  3. 以下のUNCを入力しEnterキーを押下
    smb://コンピュータ名/
    smb://コンピュータ名/共有フォルダ名
    01.png
     
  4. Windowsネットワークのコンピュータ接続時のキャプチャです。
    02.png
     
  5. 実際に共有フォルダをクリックすると、ユーザアカウントおよびパスワードの入力画面が表示されます。
    03.png
     
  6. ユーザアカウントおよびパスワードを入力すればWindowsの共有フォルダを見ることができます。

以上、Ubuntu(Linux)のWindowsネットワークの名前解決方法とWindowsの共有フォルダへのアクセス方法でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file03.png 31件 [詳細] file11.png 51件 [詳細] file02.png 37件 [詳細] file01.png 34件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-23 (日) 23:57:06 (151d)