このエントリーをはてなブックマークに追加


XubuntuからWindowsへRDP接続する・Remmina

LinuxからWindowsへリモートデスクトップ接続したい場合は Remmina とても便利です。
本資料では、 Xubutnu20.04からWindows11に接続する例となりますが、
Ubutnu系、Debian系であれば同様の操作でインストールできると思います。


関連記事

動作確認環境

  • Xubuntu
    $ lsb_release -a
    No LSB modules are available.
    Distributor ID:	Ubuntu
    Description:	Ubuntu 20.04.3 LTS
    Release:	20.04
    Codename:	focal
  • Remmina 1.4.2 (git n/a)
  • Windows Pro 11 ver.21H2

Remmina のインストール

端末とaptコマンドを使ってインストールします。

  1. インストール前に以下のコマンドでアップデートします。
    sudo apt update && sudo apt upgrade -y
     
  2. 以下のコマンドで Remmina を以下のコマンドでインストールします。
    sudo apt install remmina -y
     
  3. メニューに追加されているのが確認できます。
    01.png
     

RemminaでWindowsに接続

インストールしたRemminaを起動、設定してWindows11 Proに接続してみます。

  1. Remmina を起動します。 初回起動時に以下の画面が表示されます。
    匿名として情報を送信するかしないかの設定です。
    適用ボタンを押して閉じるボタンを押します。
    11.png
     
  2. Remmina の初期画面になります。
    12.png
     
  3. アドレスバーがRDPになっていることを確認し、接続先ホスト名またはIPアドレスを入力します。
    13.png
     
  4. Enterキーを押すと、ユーザーネーム、パスワード、ドメインを入力する画面が表示されます。
    ドメインに参加していない場合は、空で大丈夫です。
  5. 入力が完了したら、OKボタンを押して接続します。
    21.png
     
  6. 証明書受入画面が表示された場合は、「はい」ボタンを押します。
    22.png
     
  7. 接続したWindows画面が表示されました。
  8. 小さいウインドウの場合は最大化し、左側のi01.pngをクリックします。
    31.png
     

各種操作と設定

アイコンや設定の内容を見れば、ほとんど理解できると思いますが、いくつか紹介します。

全画面表示・解除

i02.png フルスクリーン表示・解除アイコンになります。
画面上にマウスカーソルを移動すると下図のようにメニューが表示されます。

41.png
 

RDP設定

設定は以下のキャプチャの通り、「︙」縦三点リーダーをクリックし、表示をクリックします。

42.png
 

RDPタブをクリックするとリモートデスクトップ接続の各種設定ができます。
以下のキャプチャはクオリティを変更しているキャプチャになります。

43.png
 

以上、Remminaを使ってWindowsにリモートデスクトップする記事でした。



添付ファイル: filei02.png 88件 [詳細] filei01.png 84件 [詳細] file43.png 91件 [詳細] file42.png 92件 [詳細] file41.png 86件 [詳細] file31.png 83件 [詳細] file23.png 48件 [詳細] file22.png 87件 [詳細] file21.png 89件 [詳細] file13.png 90件 [詳細] file12.png 79件 [詳細] file11.png 98件 [詳細] file01.png 84件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-24 (金) 21:07:53