このエントリーをはてなブックマークに追加


高機能な疎通確認コマンド・fping

複数のマシンやセグメントにpingをしたい!
以下のような場面で、fpingを使うと簡単に複数台に対してping発行し疎通、死活監視ができます。

  • 同一セグメント内のIPに対し、どのIPが反応があるだろう?
  • 複数のIPに対し、一度(1コマンド)で確認したい。
  • IPアドレスの範囲指定でpingをしたい。
  • IP一覧ファイルに対しpingをしたい。

スポンサーリンク

fpingのインストール

fpingはデフォルトでインストールされていない場合が多いです。
以下のコマンドでインストールしてください。 Debian, Ubuntu系

sudo apt install fping

CentOS系

yum install fping
dnf install fping

指定したセグメントに対しpingを発行する

以下の例では、192.168.1.0/24に対してpingを発行します。

fping -a -g 192.168.1.0/24 2> /dev/null

実行結果 以下のよう疎通確認できたIPはIPのみ出力、疎通確認できなかったIPはICMP Host Unrea ...と表示されます。

$ fping -a -g 192.168.1.0/24
192.168.1.1
192.168.1.2
192.168.1.6
192.168.1.41
192.168.1.46
192.168.1.81
192.168.1.84
192.168.1.123
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.4
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.4
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.10

疎通できなかったIPを出力したくない場合は、以下のようにSTDERRを/dev/nullに出力すればよいでしょう。

$ fping -a -g 192.168.1.0/24 2>/dev/null
192.168.1.2
192.168.1.1
192.168.1.6
192.168.1.41
192.168.1.46
192.168.1.81
192.168.1.84
192.168.1.123

IPを複数指定して疎通確認

IPを複数指定して疎通確認したい場合は、fpingの後ろにIPアドレスを複数指定し実行します。
以下の例では、応答が返却されるIPを2つと応答が返却されないIPを一つ指定し実行したときの出力です。

$ fping 192.168.1.81 192.168.1.84 192.168.1.100
192.168.1.81 is alive
192.168.1.84 is alive
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.100
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.100
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.100
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.100
192.168.1.100 is unreachable

これもICMP Host unreachableが邪魔なので、STDERRの出力します。

$ fping 192.168.1.81 192.168.1.84 192.168.1.100 2>/dev/null
192.168.1.81 is alive
192.168.1.84 is alive
192.168.1.100 is unreachable

IPアドレスの開始値と終了値を指定して疎通確認

IPアドレスを範囲指定し疎通確認する場合は以下のようになります。

fping -s -g <スタートIPアドレス> <エンドIPアドレス>

実行すると、以下のように疎通確認結果が表示されます。

$ fping -s -g 192.168.1.1 192.168.1.10
192.168.1.1 is alive
192.168.1.2 is alive
192.168.1.6 is alive
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.4
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.4
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.4
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.4
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.10
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.10
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.10
ICMP Host Unreachable from 192.168.1.84 for ICMP Echo sent to 192.168.1.10
192.168.1.3 is unreachable
192.168.1.4 is unreachable
192.168.1.5 is unreachable
192.168.1.7 is unreachable
192.168.1.8 is unreachable
192.168.1.9 is unreachable
192.168.1.10 is unreachable

      10 targets
       3 alive
       7 unreachable
       0 unknown addresses

       7 timeouts (waiting for response)
      31 ICMP Echos sent
       3 ICMP Echo Replies received
       8 other ICMP received

 3.34 ms (min round trip time)
 4.92 ms (avg round trip time)
 7.87 ms (max round trip time)
        4.170 sec (elapsed real time)

IPアドレス(ホストファイル)を作成し疎通確認する

以下のような疎通確認したいファイルを作成しました。

192.168.1.84
192.168.1.100

ファイルを指定して実行する場合は、以下の構文になります。

fping < ファイル名

または、上記で説明した複数のIPを後ろに書くと同等な以下のコマンド構文でもよいでしょう。

cat ファイル名 | fping

以上、高機能な疎通確認コマンド・fpingの紹介記事でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-05 (木) 00:29:53