このエントリーをはてなブックマークに追加

#navi(contents-page-name): No such page: Ubuntu/)

Ubuntuのファイルマネージャで隠しファイル・隠しフォルダ(ディレクトリ)を表示する方法

Ubuntuのファイル・マネージャで隠しファイル、隠しフォルダ(ディレクトリ)を表示する操作方法を以下に記します。
動作確認はUbuntu 18.04 LTSで行いました。


スポンサーリンク

ファイルアプリ

ファイルアプリは、以下スクリーンショットです。

  • ファイル・アプリのアイコン
    01.png
     
  • ファイル・アプリの説明
    02.png

隠しファイル・隠しフォルダ(ディレクトリ)を表示してみる

キー操作(ショートカットキー)による操作とメニューからの操作手順を以下に記します。

ショートカットキーによる操作 ( Ctrl + h )

ファイル・アプリを起動し、 Ctrl + h で隠しファイル・隠しフォルダ(ディレクトリ)を表示することができます。

  • ショートカットキー押下前
    11.png
     
  • ショートカットキー押下後
    12.png

再度、Ctrl + hを押せば、隠しファイル・隠しフォルダ(ディレクトリ)は表示されなくなります。

メニューからの操作

以下のスクリーンショットのように、「隠しファイルを表示する」にチェックを入れることにより、
隠しファイル、隠しフォルダ(ディレクトリ)が表示されるようになります。

21.png

以上、Ubuntuのファイルマネージャで隠しファイル、隠しフォルダ(ディレクトリ)を表示する手順でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file21.png 15件 [詳細] file12.png 17件 [詳細] file11.png 16件 [詳細] file02.png 16件 [詳細] file01.png 15件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-21 (土) 13:22:12 (90d)