このエントリーをはてなブックマークに追加


VirtualBoxの共有フォルダの設定方法

WindowsがホストOSで、LinuxがゲストOSの場合、Windows上のOneDriveやDropboxのフォルダを
ゲストOSのLinuxから触れる(マウント)したい場合は、VirtualBoxの共有フォルダの設定が便利です。
本機能を利用するには、ゲストOSにVirtualBox Guest Additionsがインストール済みである必要があります。


スポンサーリンク

関連記事

使用したVirtualBox

  • VirtualBox
    バージョン 6.0.14
  • ホストOS
    Windows 10 ver.1909
  • ゲストOS
    Debian 10

ゲストOSにDebianを利用しているので、Ubuntuなどであれば同様の操作で共有フォルダ設定が可能です。

Windows側の設定&操作

Windows側のOneDrive, DropboxのフォルダをゲストOSでマウントできるように以下の設定を行います。

  1. 仮想マシンを選択し、「設定」をクリックします。
    01.png
     
  2. 「共有フォルダー」をクリックし、「+」をクリックします。
    02.png
     
  3. 以下のようにOneDriveとDropboxのフォルダを共有フォルダとして設定しました。
    03.png 04.png
     
    05.png
     
    ゲストOSのマウントするディレクトリは ホームディレクトリ直下に OneDriveとDropboxを指定しました。
    sakuraの部分を読み替えて設定してください。

Linux側の設定

Linux側では、VirtualBoxのGuest Additionsがインストール済みである必要があります。
インストール方法については、本記事の「関連記事」を参考にしてください。

  1. 端末(ターミナル)で作業を行いますので、ターミナルを起動します。
  2. 設定した共有フォルダにアクセスするには、vboxsfグループのメンバーになる必要があります。
    gpasswdコマンドを使って、指定したユーザーをvboxsfグループに追加します。
    構文は以下の通りです。rootでの作業になります。
    gpasswd -a 追加したいユーザー vboxsf
    Ubuntu系の場合は、sudoコマンドを使用し、以下の構文になります。
    sudo gpasswd -a 追加したいユーザー vboxsf

本資料では、ユーザーIDがsakuraなので、以下のようになります。

gpasswd -a sakura vboxsf

Ubuntu系の場合は

sudo gpasswd -a sakura vboxsf

上記コマンドを実行すると、以下のようなメッセージが表示されます。

ユーザ sakura をグループ vboxsf に追加
  1. ゲストOS(Linux)を再起動します。

再度ゲストOS(Linux)にログインし、フォルダを確認してください。
マウントされているはずです。
また読み書き両方とも可能となります。

06.png

以上、VirtualBoxの共有フォルダ機能を使って、Windows側のOneDrive, DropboxをゲストOSのLinuxからアクセスする方法でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file06.png 18件 [詳細] file05.png 18件 [詳細] file04.png 18件 [詳細] file03.png 18件 [詳細] file02.png 14件 [詳細] file01.png 17件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-31 (火) 20:35:04