このエントリーをはてなブックマークに追加


VirtualBoxの仮想OSをバックグラウンド(画面なし)で起動する方法

VirtualBoxにCentOSやUbuntuなどをインストールしてsshによる接続で仮想OS(ゲストOS)を使用してる方が多いと思います。
以下に端末からコマンドによる仮想OS(ゲストOS)を起動する方法を以下に記します。


スポンサーリンク

関連資料

vboxmanage コマンドを利用してバックグランドで起動

vboxmanageコマンドを利用することにより、バックグランド(画面のウインドウなし)で起動することができます。
コマンドの構文は以下のようになります。

vboxmanage startvm "ゲストOS名" --type headless

ゲスト名をダブルクオーテーションで囲んでいます。これはゲスト名に半角スペースが含まれている場合は必須です。
半角スペースが含まれていなのであればダブルクオーテーションは不要です。

ゲストOS名ですが、VirtualBoxマネージャーの以下の部分なります。

vbox-01.gif

例えばCentOS6をバックグランドで起動したい場合は、以下の構文になります。

vboxmanage startvm CentOS6 --type headless

あとはsshなどで接続して使用することができます。
尚、ホストOSとゲストOS間との通信には「ホストオンリーアダプタ」を指定してVM環境を構築すると簡単にホストOS、ゲストOS間の通信が可能になります。
ホストオンリーアダプタに関しては以下の資料を参照してみてください。


スポンサーリンク


添付ファイル: filevbox-01.gif 41件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:33 (1282d)