このエントリーをはてなブックマークに追加


CentOS6にrpmforgeリポジトリを登録する方法

本資料は、CentOS6にrpmforgeリポジトリを登録する方法と使用する方法を記します。


スポンサーリンク

関連記事

リポジトリに優先順位を設定するyum-plugin-prioritiesのインストール

CentOSのリポジトリに今回rpmforgeのリポジトリを追加するため、各リポジトリに優先順位を設定するため
以下のコマンドでyum-plugin-prioritiesをインストールします。
作業はrootユーザで行なってください。

yum -y install yum-plugin-priorities

CentOS6標準リポジトリのpriorityの設定

上記でyumコマンドによりyum-plugin-prioritiesをインストールしました。
これによりリポジトリの優先順位を設定することができます。
CentOS6標準リポジトリは優先順位を一番にしたいので以下のように設定します。
作業はrootユーザで行なってください。

  • 対象ファイル
    /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
  • 修正ファイル
    追加した部分は、赤色になっています。
    # CentOS-Base.repo
    #
    # The mirror system uses the connecting IP address of the client and the
    # update status of each mirror to pick mirrors that are updated to and
    # geographically close to the client.  You should use this for CentOS updates
    # unless you are manually picking other mirrors.
    #
    # If the mirrorlist= does not work for you, as a fall back you can try the
    # remarked out baseurl= line instead.
    #
    #
    
    [base]
    name=CentOS-$releasever - Base
    mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
    #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    priority=1
    
    #released updates
    [updates]
    name=CentOS-$releasever - Updates
    mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
    #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    priority=1
    
    #additional packages that may be useful
    [extras]
    name=CentOS-$releasever - Extras
    mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
    #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    priority=1
    
    #additional packages that extend functionality of existing packages
    [centosplus]
    name=CentOS-$releasever - Plus
    mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplus
    #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
    gpgcheck=1
    enabled=0
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    
    #contrib - packages by Centos Users
    [contrib]
    name=CentOS-$releasever - Contrib
    mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=contrib
    #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/contrib/$basearch/
    gpgcheck=1
    enabled=0
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

priorityについてですが、以下のURLが参考になります。
priorityのでデフォルト値は99、範囲は1から99になります。

http://wiki.centos.org/PackageManagement/Yum/Priorities#head-6f52124e909c1691eb0c501ba38ae9202b66d6da

rpmforgeリポジトリ用rpmファイルの入手とインストール

rpmforgeのリポジトリ用のrpmファイルの入手と入手したrpmファイルのインストール方法を記します。

rpmforgeリポジトリ用rpmファイルの入手

rpmforgeのリポジトリをインストールするため、以下のURLに接続します。

http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/

本資料作成時では、以下のファイルが最新のCentOS6向けのrpmファイルになります。

本資料では、ブラウザで上記のファイルをダウンロードしました。
また64bit版のCentOS6を使用したので、rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm 13-Nov-2010 05:12 12K RHEL6 and CentOS-6 x86 64bitをダウンロードしました。
(CUIによる運用の方などは、wgetコマンドなどによりダウンロードすればよいと思います。)

rpmforgeリポジトリ用rpmファイルのインストール

ダウンロードしたrpmファイルを以下のようにrpmコマンドを使用してインストールしました。
作業はrootユーザで行なってください。

rpm -ivh ダウンロードしたrpmファイル

以下、実際にインストールしたときの出力です。

# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
警告: rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA/SHA1 Signature, key ID 6b8d79e6: NOKEY
準備中...                ########################################### [100%]
   1:rpmforge-release       ########################################### [100%]

rpmforgeのリポジトリが追加されているのが確認できました。

[root@centos6 ~]# ls -l /etc/yum.repos.d/
合計 32
-rw-r--r--. 1 root root 1959  1月 13 23:18 2013 CentOS-Base.repo
-rw-r--r--. 1 root root  637  6月 26 18:30 2012 CentOS-Debuginfo.repo
-rw-r--r--. 1 root root  626  6月 26 18:30 2012 CentOS-Media.repo
-rw-r--r--. 1 root root 2593  6月 26 18:30 2012 CentOS-Vault.repo
-rw-r--r--. 1 root root  739 11月 13 12:55 2010 mirrors-rpmforge
-rw-r--r--. 1 root root  717 11月 13 12:55 2010 mirrors-rpmforge-extras
-rw-r--r--. 1 root root  728 11月 13 12:55 2010 mirrors-rpmforge-testing
-rw-r--r--. 1 root root 1113 11月 13 12:55 2010 rpmforge.repo

rpmforgeのプライオリティ設定

上記で記した通り、priorityを設定しない場合は、99になるためrpmforge.repoの修正は行いませんでした。(priorityを設定せず)
rpmforge以外のリポジトリを導入予定の場合は、指定した方が良いかもしれません。

rpmforgeを使ってみる

以下の手順でrpmforgeを使ってみました。

  1. yum updateコマンドでrpmforge-release をアップデートします。
    yum update rpmforge-release
  2. rpmforgeにあるmeldをインストールしてみました。
    Repositoryがrpmforgeになっているのが確認できます。
    [root@centos6 ~]# yum install meld
    Loaded plugins: fastestmirror, priorities, refresh-packagekit, security
    
    <snip>
    
    Dependencies Resolved
    
    ================================================================================
     Package       Arch            Version                  Repository         Size
    ================================================================================
    Installing:
     meld          noarch          1.4.0-1.el6.rf           rpmforge          434 k
    
    Transaction Summary
    ================================================================================
    Install       1 Package(s)
    
    Total download size: 434 k
<snip>
Installed:
  meld.noarch 0:1.4.0-1.el6.rf

Complete!

スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:29