このエントリーをはてなブックマークに追加


CentOSのWOL(Wake-on-LAN)コマンド

CentOSでは、Wake on LANのコマンドが標準でインストールされているようです。

ether-wake

ether-wakeコマンドを利用することにより、他のマシンの電源を入れることができます。
尚、ether-wakeコマンドは/sbinに格納されています。


スポンサーリンク

ether-wake 使用方法

以下、例を示します。

  1. 電源ONしたいマシンのMACアドレスを調べます。
    ifconfigコマンドを実行すると以下のような出力がされます。
    HWaddrに表示される値がMACアドレスになります。
    $ /sbin/ifconfig
    eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 11:22:33:AA:BB:CC
    <snip>
     
  2. ether-wakeを実行するマシン側の操作
    ether-wakeコマンドはrootで実行します。
    上記で電源ONしたいマシンのMACアドレスを入手したら、以下のコマンドを実行します。
    (MACアドレス(11:22:33:AA:BB:CC)は調べた値に変更してください。)
    [sakura@centos ~]$ su -
    Password:
    [root@centos ~]# ether-wake 11:22:33:AA:BB:CC
     
    上記su -でrootになっていますが、suでrootになった場合は、/sbin/ether-wakeとしてください。

以上の操作でリモートで電源ONすることができます。

尚、電源がONできない場合は、BIOSの設定などを確認してください。
WOLに対応していない場合は、もちろん電源ONすることができません。

 

スポンサーリンク

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:25 (1067d)