このエントリーをはてなブックマークに追加


USBメモリをFAT32でフォーマットする・mkdosfs

USBメモリを使って、Ubuntuなどをインストールした時に使用したUSBメモリを再利用するため、
FAT32で再フォーマットする手順を以下に記します。


スポンサーリンク

USBメモリをアンマウントする(USBメモリのマウントポイントを特定する)

以下の手順でUSBメモリをアンマウントしてください。

  1. FAT32でフォーマットするUSBをPCに挿してください。
  2. Ubuntuなどであれば自動マウントされるので、以下のコマンドでマウント情報を取得します。
    ターミナル(端末)を起動します。
     
    Ubuntuの場合であれば、以下場所にマウントされています。
    /media/ユーザ名/USBメモリラベル名
    以下、当方の環境でdfコマンドを実行した時の出力です。
    Ubuntu17.04のインストールUSBメモリのマウント先を特定します。
    使用するコマンドは、以下の通りです。
    sudo df
    以下、コマンド実行による出力です。
    sakura@aspire:~$ sudo df
    [sudo] sakura のパスワード: 
    Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
    udev             1953544       0   1953544   0% /dev
    tmpfs             394732    6240    388492   2% /run
    /dev/sda1      118909196 5965472 106880416   6% /
    tmpfs            1973656     212   1973444   1% /dev/shm
    tmpfs               5120       4      5116   1% /run/lock
    tmpfs            1973656       0   1973656   0% /sys/fs/cgroup
    tmpfs             394732      84    394648   1% /run/user/1000
    /dev/sdb1       15137792 1572616  13565176  11% /media/sakura/UBUNTU 17_0
    sakura@aspire:~$ 
     
    上記の出力を見ると、USBメモリのマウント情報は最終行(以下抜粋)であることがわかります。
    /dev/sdb1       15137792 1572616  13565176  11% /media/sakura/UBUNTU 17_0
    わかりづらい場合は、容量を確認してもいいかもしれません。
    容量を確認をわかりやすい表示にするには、dfコマンドに-hオプションを追加します。
    以下、出力例です。
    Sizeの列がMやGで表示されるので、わかりやすくなります。
    sakura@aspire:~$ sudo df -h
    Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
    udev            1.9G     0  1.9G   0% /dev
    tmpfs           386M  6.1M  380M   2% /run
    /dev/sda1       114G  5.7G  102G   6% /
    tmpfs           1.9G  212K  1.9G   1% /dev/shm
    tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
    tmpfs           1.9G     0  1.9G   0% /sys/fs/cgroup
    tmpfs           386M   88K  386M   1% /run/user/1000
    /dev/sdb1        15G  1.5G   13G  11% /media/sakura/UBUNTU 17_0

USBメモリをFAT32でフォーマットする

  1. USBメモリをアンマウントする
    以下のコマンドでUSBメモリをアンマウントします。
    sudo umount Filesystemの列の文字列
    今回の場合は、上記の出力によりFilesystemの列を見ると、/dev/sdb1がUSBメモリであることがわかりました。
    以下のコマンドでUSBメモリをアンマウントします。
    sudo umount /dev/sdb1
     
  2. FAT32でUSBメモリをフォーマットする
    以下のコマンドでUSBメモリをFAT32でフォーマットします。
    sudo mkdosfs -F32 -nラベル名 Filesystem列の文字列
    今回の場合は、以下のようになります。
    ラベル名はUSB16Gとしました。
    sudo mkdosfs -F32 -nUSB16G /dev/sdb1
    実行した時の出力です。
    sakura@aspire:~$ sudo mkdosfs -F32 -nUSB16G /dev/sdb1
    mkfs.fat 3.0.28 (2015-05-16)
    sakura@aspire:~$ 
    プロンプトが戻ってくるまでしばらく待ってください。
  3. USBメモリを抜きます。

FAT32でフォーマットしたUSBメモリを確認

再度、USBメモリをLinuxマシン(Ubuntu)に挿してみます。 以下のコマンドでvfatになっていることが確認できます。

sakura@aspire:~$ df -T | grep '/dev/sdb'
/dev/sdb1      vfat      15139368       8  15139360   1% /media/sakura/USB16G

また、fdiskでも確認できます。

sakura@aspire:~$ sudo fdisk -l | grep sdb
Disk /dev/sdb: 14.5 GiB, 15518924800 bytes, 30310400 sectors
/dev/sdb1  *     2048 30310399 30308352 14.5G  c W95 FAT32 (LBA)

以上、LinuxでUSBメモリをFAT32でフォーマットする手順でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-05 (金) 15:43:27 (441d)