このエントリーをはてなブックマークに追加


GUI操作でGrubのデフォルトブートや設定を変更する

デュアルブートでUbuntuとWindows環境を構築している人も少なくないと思います。
PC電源投入時、Grubが起動しOSを選択し起動しますよね。

今回はGrubの起動するディフォルトOSの設定変更や待ち時間の設定などをGUIを用いて行える方法を記します。
本操作はxubuntu10.04で確認を行いました。


スポンサーリンク

GrubをGUIで操作できるstartupmanager

startupmanagerというソフトウェアでGrubの設定をGUIで行うことができます。
早速インストール方法を以下に記します。

端末(ターミナル)からインストール~

端末(ターミナル)からインストールする場合は、以下のコマンドを実行してください。

sudo apt-get install startupmanager

Ubuntuソフトウェアセンターからインストール

端末(ターミナル)を使用せず、Ubuntuソフトウェアセンターからインストールする場合は以下の手順でstartupmanagerをインストールします。

  1. Ubuntuソフトウェアセンターを起動します。
  2. 検索ボックスに startupmanager と入力します。
  3. StartUp-Managerが表示されるので、インストールボタンを押します。
    grub-mgr-01.gif
     
  4. パスワードの問い合わせがあるのでパスワードを入力するとインストールが開始されます。

StartUp-Managerの起動

StartUp-Managerはシステムのなかに登録されていました。(xubuntu10.04)

grub-mgr-02.gif
 

Ubuntu10.04では、以下の場所に登録されていました。

grub-ubuntu-01.gif
 
  1. StartUp-Managerを起動します。
  2. パスワードの問い合わせがあるのでパスワードが入力します。
  3. Grubに設定されている内容が表示されます。
    grub-mgr-03.gif
     

Grubの設定変更

今回この記事を作成したPCは、Windowsとxubuntuのデュアルブート環境です。
xubuntuがデフォルトの起動OSとなっていたものをWindowsに変更したときの操作です。

  1. デフォルトのオペレーティングシステムには、PCの電源を入れOS選択の画面と同様の一覧が表示されています。
    grub-mgr-04.gif
     
  2. デフォルトのオペレーティングシステムをWindowsに変更したスクリーンショットです。
    grub-mgr-05.gif
     
  3. 閉じるボタンを押すと設定が反映されます。
     

以上の操作により、次回PC立ち上げ時にデフォルトのオペレーティングシステムが変更したOSに変わります。
また、他にもタイムアウト値を変更したりなどもできます。


スポンサーリンク


添付ファイル: filegrub-mgr-02.gif 307件 [詳細] filegrub-mgr-05.gif 311件 [詳細] filegrub-mgr-04.gif 325件 [詳細] filegrub-ubuntu-01.gif 270件 [詳細] filegrub-mgr-03.gif 309件 [詳細] filegrub-mgr-01.gif 422件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:29:38 (1156d)