このエントリーをはてなブックマークに追加


sources.list内のmain,restricted,universe,multiverseについて

apt-getコマンドなどで使用するリポジトリが記述してあるファイル soruces.list
に記述されている、main,restricted,universe,multiverse について記述します。


スポンサーリンク

main,restricted,universe,multiverseとは

main,restricted,universe,multiverseのキーワードですが、
Ubuntuのアップデートマネージャーを起動すると、各キーワードの意味が簡単に確認することができます。
以下、アップデートマネージャーのスクリーンショットです。

01.gif

Ubuntuのソフトウェアタブを確認すると、以下の説明があります。

main
Canonicalによってサポートされるフリー/オープンソフトウェア
universe
コミュニティによってメンテナンスされるフリー/オープンソフトウェア
restricted
デバイス用のプロプライエタリなドライバ
multiverse
著作権または法的な問題によって制限されたソフトウェア

以上のように各キーワードに対して対応するソフトウェアがが区別されています。


スポンサーリンク


添付ファイル: file01.gif 119件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:54 (1213d)