このエントリーをはてなブックマークに追加


exportした環境変数を削除する方法

本資料は、exportにて設定した環境変数を削除する方法を記述します。
使用したOSはCentOSで使用したシェルはbashです。

 

スポンサーリンク

exportで環境変数を設定しunsetで削除する

exportにて環境変数を設定しunsetにて削除する実行例を以下に記します。

  1. exportコマンドによりJUST4FUNに値を代入
  2. echoコマンドで設定されている値を表示
  3. env, grepコマンドで設定されている値を表示
  4. unsetコマンドによりJUST4FUNに設定されていた値を削除
  5. env, grepコマンドで削除されていることを確認
  6. echoコマンドにより削除されていることを確認
$ export JUST4FUN='http://just4fun.biz'
$ echo $JUST4FUN
http://just4fun.biz
$ env | grep JUST4FUN
JUST4FUN=http://just4fun.biz
$ unset JUST4FUN
$ env | grep JUST4FUN
$ echo $JUST4FUN

$
 

スポンサーリンク

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:27:07 (1157d)