このエントリーをはてなブックマークに追加


screenコマンドで現在使っている仮想端末の番号をプロンプトに表示する方法

screenコマンドで開いている仮想端末に仮想端末番号を表示する方法を以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

screenコマンドによる仮想端末環境

screenコマンドは仮想端末を作成・管理するコマンドです。
screenコマンドを利用すれば、xtermやTeraTermなど端末プログラムを1つだけ開いている中で、
いくつも仮想端末を開けたり、仮想端末間でのデータのコピー・ペースト、端末の状態を保持したまま
ログアウトすることなどが可能となります。

screenの仮想端末の識別番号

screenコマンドによる仮想端末環境では複数の仮想端末を同時に利用できますが、
あまりにも多くの仮想端末を使っていれば、
先程まで自分が作業していた端末がどれだったか判らなくなることがあるかも知れません。

windows: Show a list of windowという機能(C-a w(コントロールキーとAを押してから、wを押すキーストローク)で呼び出す)
によって現在の仮想端末の番号を確認できますが、作業中にそのようなキーストロークを打たなければならないのは煩雑なものです。

環境変数 WINDOW

screenコマンドは新しい仮想端末を作成した際、その環境にWINDOWという環境変数を追加します。
これには仮想端末に割り当てられた番号がセットされています。

これをプロンプトに表示するようにすれば、今自分がどの仮想端末にいるのか、混乱することはなくなるでしょう。

bashのプロンプト設定

.bashrcの中で以下のように記述すれば、screen環境でのみ仮想端末番号が表示されます。

if [ x${WINDOW} = x ]; then
  :
else
  export PS1='\u@\h[${WINDOW}]:\w\$ '
fi

以下の例示では[0]が仮想端末番号です。

user0@localhost[0]:~$ ls

以下では[2]が仮想端末番号です。

user0@localhost[2]:/tmp$  ps ax

以上、screenコマンドで現在使っている仮想端末の番号をプロンプトに表示する方法についてでした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:29:53 (1161d)