このエントリーをはてなブックマークに追加


Linux Mint 13 (Mate)でMozcを使用する

Linux Mint 13 - Mateをインストール後に日本語入力である、Mozcをインストールする方法を記します。
Mozc(モズク)はGoogle日本語入力のオープンソース版になります。


スポンサーリンク

関連資料

Linux Mint 13 Mateの使用環境説明

  1. アップデートマネージャーによるアップデート。
  2. Mozcインストール前に言語サポート(Language Support)による言語サポートのインストール。
    以下のスクリーンショットは、言語のサポートを起動したときに出力されたメッセージです。
    本資料のLinuxMint環境では、インストール(I)ボタンを押してインストールしました。
    mate01.gif

Mozcのインストール

以下の操作手順によりLinux Mint 13 - MateにMozcをインストールすることがでいます。

  1. 端末(ターミナル)を起動します。
  2. 以下のコマンドを入力し実行します。
    sudo apt-get install ibus ibus-mozc ibus-gtk
    上記コマンドを実行したときの出力メッセージです。
    yボタンを押しEnterキーを押すとインストールされます。
    sakura@mint13-mate ~ $ sudo apt-get install ibus ibus-mozc ibus-gtk
    [sudo] password for sakura: 
    パッケージリストを読み込んでいます... 完了
    依存関係ツリーを作成しています                
    状態情報を読み取っています... 完了
    以下の特別パッケージがインストールされます:
      ibus-gtk3 libibus-1.0-0 libzinnia0 mozc-server mozc-utils-gui python-ibus
      tegaki-zinnia-japanese
    提案パッケージ:
      ibus-qt4
    以下のパッケージが新たにインストールされます:
      ibus ibus-gtk ibus-gtk3 ibus-mozc libibus-1.0-0 libzinnia0 mozc-server
      mozc-utils-gui python-ibus tegaki-zinnia-japanese
    アップグレード: 0 個、新規インストール: 10 個、削除: 0 個、保留: 21 個。
    32.9 MB のアーカイブを取得する必要があります。
    この操作後に追加で 51.3 MB のディスク容量が消費されます。
    続行しますか [Y/n]? 

iBusの設定

Mozcのインストールが完了したら一度ログアウトし、再度ログインしてください。
再ログイン後の操作手順を以下に記します。

  1. 以下のスクリーンショットでで囲んだiBusアイコンをクリックします。
    mate02.gif
     
  2. 以下のスクリーンショットの画面が表示されるので、設定をクリックします。
    mate03.gif
     
  3. インプットメッソドのタブをクリックします。
  4. 使用するインプットメッソドをカスタマイズ(M)にチェックを入れます。
  5. インプットメッソドに表示されている「日本語 - Mozc」をクリックします。
  6. 上へ(U)を押して日本語 - Mozcを一番上にに移動させます。
    mate04.gif

以上の操作により、Mozcを使用することができます。


スポンサーリンク


添付ファイル: filemate03.gif 106件 [詳細] filemate04.gif 123件 [詳細] filemate01.gif 174件 [詳細] filemate02.gif 108件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:03 (1250d)