このエントリーをはてなブックマークに追加


Puppy Linux 571JPをUSBメモリにインストールしてみた

Ubuntu12.04 LTSベースであるPuppy Linux 571JPをダウンロードしてインストールしてみました。
作業した環境はWindows7になります。


スポンサーリンク

関連記事

パピーリナックス日本語版

パピーリナックス日本語版は以下のURLになります。
http://openlab.jp/puppylinux/

今回ダウンロードしたPrecise-571JPのリリースノートのURLです。
http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?f=27&t=2435#p17769

当方上記のリリースノートに記されているダウンロードサイトの1つであるsourceforgeからダウンロードしました。
http://sourceforge.jp/projects/puppylinux-jp/

ダウンロードしたファイル名は precise-571JP.iso になります。

UNetbootinを使用しUSBメモリにPuppy Linuxをインストール

UNetbootinをダウンロードする必要があります。
UNetbootinについては以下の記事を参考にしダウンロードしてください。

  1. USBメモリを挿します。
  2. 自動再生が表示された場合は閉じます。
  3. UNetbootinを起動します。
    01.gif
     
  4. ディスクイメージ(i)をクリックします。
  5. ダウンロードしたprecise-571JP.isoを選択します。
  6. ドライブ(v)がPuppy Linuxをインストールするドライブレターなっている事を確認します。
  7. OKボタンを押せばダウンロードしたISOファイルがUSBメモリに展開されます。
    02.gif
     
  8. インストール中のスクリーンショットです。
    03.gif
     
  9. インストール完了のスクリーンショットです。
    04.gif
     

以上の操作によりUSBメモリにPuppy Linuxのイメージを書き込みました。
再起動しUSBメモリから起動するようにBIOSを設定すればPuppy Linuxが起動します。
(セキュアブート対応のPCでの動作確認は行っておりませんので他のBIOS設定が必要になるかもしれません。)

以上、UNetbootinを使ったUSBメモリへのPuppy Linuxのインストール記事でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file03.gif 180件 [詳細] file02.gif 159件 [詳細] file01.gif 253件 [詳細] file04.gif 160件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:29:44 (1250d)