このエントリーをはてなブックマークに追加

追記

現在、最新の記事は以下リンクのUbuntu10.04LTSの記事です。

iBook G4 1.2GHz PPCにUbuntu10.04をインストール

以下、Ubuntu9.10のインストール記事です。



スポンサーリンク

iBook G4 1.2GHz にUbuntu9.10をインストール

2010/2/11作成

はじめに

以前、iBook G4 1.2GHzにubuntu9.10をインストールしたのですがシャットダウンまたはリブート時にフリーズする現象があり、ubuntu8.04を使用していました。
しかし、本記事を作成している現在(2010/2/11)アップデートを行うとシャットダウンも正常に処理され快適に利用できるようになっていたのでこの記事をアップします。
iBook G4にubuntu8.04をインストールした記事は「iBook G4 1.2GHz PPCにUbuntu8.04をインストール」を参照してください。
iBook G4にubuntu10.04をインストールした記事は「iBook G4 1.2GHz PPCにUbuntu10.04をインストール」を参照してください。

ubuntu9.10 ppcの動作画面です。視覚効果も有効にできます。

ubuntu-ppc-01.png

ubuntu9.10 ppc インストールメディアの入手

PowerPC向けのインストールイメージは以下のURLにあります。 https://wiki.ubuntu.com/PowerPCDownloads

今回はubuntu9.10なので「9.10 Karmic Koala」になります。

ubuntu-ppc-02.png
 

上記リンクをクリックしてMac (PowerPC) and IBM-PPC (POWER5) desktop CDを入手します。 http://cdimage.ubuntu.com/ports/releases/9.10/release/

ubuntu-ppc-03.png

ubuntu 9.10 ppc のインストール †

ダウンロードしたisoイメージをディスクに焼きiBook G4に挿入しブートします。
マックユーザならご存知のcボタンを押しマックの電源を入れるとインストーラが開始されます。
インストール手順ですが省略させてもらいます。特に難しい部分はないと思いますので...
インストール中、進行を表すバー100%になってもインストールが完了メッセージが表示されませんが気長に待ちましょう。
そのうち終わりますよ。

インストール後の作業

AirMac無線LANの有効化とアップデートについて記述します。

AirMac無線LANの有効化

インストールが終わり再起動後、以下の作業を行い無線LANを有効にします。
この作業を行うには有線LANを接続してください。(ドライバダウンロードのため)

  1. ハードウェアドライバを起動します。 下図のように「システム」→「システム管理」→「ハードウェア・ドライバ」を起動します。
    (上記操作をしなくても、しばらく放置していると同じ状態になります。)
    ubuntu-ppc-04.png
     
  2. 無線LANを有効にする 「有効にする(A)」ボタンをクリックします。
    以下のスクリーンショットはスクリーンショットの取得とかぶっています。すみません(苦笑)
    ubuntu-ppc-05.png
     
  3. パスワードを入力 パスワードを聞いてきますのでパスワードを入力し「認証する(A)」ボタンをクリックするとドライバのインストールがはじまります。
    ubuntu-ppc-06.png
     
  4. ドライバが有効になったことを確認
    ubuntu-ppc-07.png
     

ここで再起動すると無線LANが有効になります。
再起動時、うまくリブートしない場合は電源ボタンを長押しして強制終了させましょう。

アップデート・マネージャでシステムのアップデート

アップデート・マネージャで最新状態にします。
カーネルなども最新となるのでこのアップデートのおかげでiBookが無事シャットダウンできるようになります。
ただしアップデート後、再起動したときは正常にリブートしない場合があります。
その場合は電源ボタンを長押しして強制終了させましょう。
以後、正常にリブート、シャットダウンができるようになります。(筆者の環境)

  1. アップデート・マネージャを起動します。 「システム」→「システム管理」→「アップデート・マネージャ」で起動します。
    ubuntu-ppc-08.png
     
  2. アップデートをインストール しばらくすると以下の画面が表示されるので「アップデートをインストール(I)」ボタンをクリックします。
    パスワードを聞かれた場合はパスワードを入力し作業を進めます。
    ubuntu-ppc-09.png
     
    アップデートが終わると再起動を促されされますので再起動します。
    再起動が失敗した場合(フリーズ)上記でも書きましたが電源ボタンで強制終了してください。
    次回から正常に動作するはずです。

視覚効果の有効化

筆者の環境では最初から通常効果が有効になっていました。
一番最初のスクリーンショットのようにするには追加効果を有効にします。
操作方法は、「システム」→「設定」→「外観の設定」を起動すると以下の画面が表示されるので「視覚効果」タブの「追加効果(X)」を有効にします。

ubuntu-ppc-10.png

Flash Playerについて

PowerPCのLinuxのためAdobeからflashが提供されていません。
そこでオープンソースのswf-playerを利用します。
自動再生されませんが一応flashを見ることができました。
インストール方法は「システム」→「システム管理」→「パッケージマネージャ」からインストールしてもよいですし、端末から以下のコマンドによりインストールすることもできます。

sudo apt-get install swf-player

電源管理について

本記事を作成している時点では、バッテリ駆動にしてもバッテリ情報が通知スペースに表示されません。
xbattbarを利用して表示するようにしました。
デフォルトではインストールされていないので以下のコマンドでインストールするかパッケージ・マネージャからインストールしてください。

sudo apt-get install xbattbar
  • xbattbar起動画面 画面下部にメータが表示されます。(緑色の線)
    引数により表示位置および線の太さなど変更ができます。
    本コマンドを「自動起動するアプリ」に登録すればログイン後表示されるので代替になると思います。
    ubuntu-ppc-11.png
     
    自動起動の設定操作は「Ubuntu/ログイン時に自動起動させる方法」を参照のこと。
 

スポンサーリンク

 

添付ファイル: fileubuntu-ppc-01.png 253件 [詳細] fileubuntu-ppc-10.png 162件 [詳細] fileubuntu-ppc-09.png 140件 [詳細] fileubuntu-ppc-02.png 220件 [詳細] fileubuntu-ppc-07.png 124件 [詳細] fileubuntu-ppc-04.png 147件 [詳細] fileubuntu-ppc-03.png 147件 [詳細] fileubuntu-ppc-08.png 131件 [詳細] fileubuntu-ppc-06.png 131件 [詳細] fileubuntu-ppc-05.png 178件 [詳細] fileubuntu-ppc-11.png 135件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:44 (1306d)