このエントリーをはてなブックマークに追加


Ubuntuでcrontab編集時のデフォルトエディタの変更方法・select-editor

Ubuntuでcrontabの設定ファイルを編集するエディタの設定方法を記します。
使用したUbuntuは12.04になります。


スポンサーリンク

初めてcrontab -eを実行した時

初めて crontab -e を端末上で実行すると以下のメッセージが表示されます。

sakura@ubuntu1204:~$ crontab -e
no crontab for sakura - using an empty one

Select an editor.  To change later, run 'select-editor'.
  1. /bin/ed
  2. /bin/nano        <---- easiest
  3. /usr/bin/vim.tiny

Choose 1-3 [2]: 

まずは、この時に使用しやすいエディタに変更すればよいと思います。

一度設定したエディタを再設定する

エディタの設定を変更し再設定したい場合は以下のコマンドを実行します。

select-editor

実際に一般ユーザで実行してみます。

sakura@ubuntu1204:~$ select-editor 

Select an editor.  To change later, run 'select-editor'.
  1. /bin/ed
  2. /bin/nano        <---- easiest
  3. /usr/bin/vim.tiny

Choose 1-3 [2]: 3

vim.tinyに変更しました。
select-editorコマンドは以下の通り、シェルスクリプトであることが確認できます。

sakura@ubuntu1204:~$ file `which select-editor`
/usr/bin/select-editor: POSIX shell script, ASCII text executable

このシェルスクリプトを見てみたところ、$HOMEに以下のようにデフォルトエディタの設定ファイルが作成されていました。 sakura@ubuntu1204:~$ cat .selected_editor

# Generated by /usr/bin/select-editor
SELECTED_EDITOR="/usr/bin/vim.tiny"

以上、Ubuntuでデフォルトエディタを変更する方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:29:02 (1278d)