このエントリーをはてなブックマークに追加


リリースのアップグレード動作設定ファイル・release-upgrades

/etc/update-manager/release-upgradesファイルにリリースがあった場合のアップグレードの動作が設定されています。
本ファイルについて、以下に記します。


スポンサーリンク

release-upgradesの内容

以下の内容はUbuntu12.04です。

$ cat /etc/update-manager/release-upgrades
# Default behavior for the release upgrader.

[DEFAULT]
# Default prompting behavior, valid options:
#
#  never  - Never check for a new release.
#  normal - Check to see if a new release is available.  If more than one new
#           release is found, the release upgrader will attempt to upgrade to
#           the release that immediately succeeds the currently-running
#           release.
#  lts    - Check to see if a new LTS release is available.  The upgrader
#           will attempt to upgrade to the first LTS release available after
#           the currently-running one.  Note that this option should not be
#           used if the currently-running release is not itself an LTS
#           release, since in that case the upgrader won't be able to
#           determine if a newer release is available.
Prompt=lts

チェックしない、never, 新しいリリースがあった場合アップグレードするnormal, LTSの新しいリリースがあった場合アップグレードするltsがあります。

normalの使い方

端末からLTS版のUbuntuから最新のUbuntu(LTS版ではない)にアップグレードしたい場合、Promptをltsからnormalに変更して、以下のコマンドを実行すれば、アップレードが可能になります。

sudo do-release-upgrade

GUIがつかえるのであれば、端末でコマンドを実行しアップグレードする必要はありません。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:48 (1306d)