このエントリーをはてなブックマークに追加


パスワードが設定されていないユーザアカウントにスイッチする方法・sudo

Ubuntuを利用していてPostgreSQLなどをインストールした場合、PostgreSQLユーザであるpostgresにはパスワードが設定されていません。
このような場合のユーザアカウントのスイッチ方法を以下に記します。
rootアカウントがあるLinuxであれば、rootにスイッチユーザ(su)したあと該当のユーザアカウントにsuすれば簡単に変わることができますが…


スポンサーリンク

関連記事

動作確認環境

  • OS
    $ lsb_release -a
    No LSB modules are available.
    Distributor ID: Ubuntu
    Description:    Ubuntu 12.04.4 LTS
    Release:        12.04
    Codename:       precise

sudoコマンドでスイッチユーザする

以下の構文でパスワードが指定されていないユーザにスイッチすることができます。

sudo -i -u ユーザアカウント

実際にPostgreSQLをインストールしたUbuntuで試してみます。
(PostgreSQLのためにpostgresユーザアカウントが作成されています。)
パスワードファイルを確認するとxになっているのでパスワードが設定されていないことが確認できます。

$ cat /etc/passwd | grep postgres
postgres:x:106:114:PostgreSQL administrator,,,:/var/lib/postgresql:/bin/bash

以下sudoコマンドでpostgresユーザにスイッチした時の出力です。

sakura@ubuntu:~$ sudo -i -u postgres
[sudo] password for sakura:
postgres@ubuntu:~$
postgres@ubuntu:~$ whoami
postgres

以上、Ubuntuでsudoコマンドを使ってユーザをスイッチする方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:50 (1278d)