このエントリーをはてなブックマークに追加


Linux上でOpehSSH形式の鍵をPuTTY形式(ppk)に変換する方法

Linux上で、ssh-keygen -t rsa コマンドによりSSH認証鍵を作成後、
PuTTY形式にLinux上で変換したい場合は、本資料が役に立つと思います。 FileZillaで鍵認証設定をしようとすると、鍵の形式がPPKとPEM形式となっていたため、本資料を作成しました。

尚、Windowsであればputtygenコマンドをダウンロードし実行すればGUIによる変換操作が可能です。(Download PuTTY Windows)


スポンサーリンク

参考サイト

Windows用PuTTY

動作確認Linux

$ lsb_release -cd
Description: Ubuntu 18.04.2 LTS
Codename:    bionic

puttyのインストール

puttygenコマンドを使用したいので、puttyパッケージを以下のコマンドでインストールします。

  1. 端末(ターミナル)を起動します。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    sudo apt install putty
  3. yes/noが表示されたら、Yを押しEnterキーを押下します。 上記の操作でputtygenコマンドがインストールされます。

OpenSSH形式の秘密鍵をppkに変換する

以下、puttygenコマンドを使用しOpenSSH形式の秘密鍵をPuTTY形式の秘密鍵に変換します。
変換コマンドの構文は以下の通りです。

puttygen OpenSSH形式の秘密鍵ファイル -O private -o 出力ファイル名

以下に例を記します。

  • OpenSSH形式の秘密鍵ファイル名
    sakura-ssh-key
  • 出力するPuTTY形式のファイル名
    sakura.ppk 上記の場合、以下のような構文になります。
    puttygen sakura-ssh-key -O private -o sakura.ppk

上記コマンドを実行すると、パスフレーズを聞かれますのでパスフレーズを入力しEnterキーを押下します。
以上の操作により、変換されたファイルが出力されます。

puttygenの-O, -oオプションの意味は以下の通りです。

  • -Oにprivateを指定したので、PuTTY形式を指定したことになります。
  • -oには出力するファイル名を指定しました。

以下はhelpオプションの出力になります。

$ puttygen --help
PuTTYgen: key generator and converter for the PuTTY tools
Release 0.70
Usage: puttygen ( keyfile | -t type [ -b bits ] )
               [ -C comment ] [ -P ] [ -q ]
               [ -o output-keyfile ] [ -O type | -l | -L | -p ]
 -t    specify key type when generating (ed25519, ecdsa, rsa, dsa, rsa1)
 -b    specify number of bits when generating key
 -C    change or specify key comment
 -P    change key passphrase
 -q    quiet: do not display progress bar
 -O    specify output type:
          private             output PuTTY private key format
          private-openssh     export OpenSSH private key
          private-openssh-new export OpenSSH private key (force new format)
          private-sshcom      export ssh.com private key
          public              RFC 4716 / ssh.com public key
          public-openssh      OpenSSH public key
          fingerprint         output the key fingerprint
 -o    specify output file
 -l    equivalent to `-O fingerprint'
 -L    equivalent to `-O public-openssh'
 -p    equivalent to `-O public'
 --old-passphrase file
       specify file containing old key passphrase
 --new-passphrase file
       specify file containing new key passphrase
 --random-device device
       specify device to read entropy from (e.g. /dev/urandom)

以上、Linux上でOpenSSH形式の秘密鍵をPuTTY形式に変換する方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-05 (火) 09:48:42 (79d)