このエントリーをはてなブックマークに追加


HISTOCONTROLのignorespace,ignoredupsを一緒に有効にする方法

環境変数 HISTORYCONTROL を設定することにより、コマンドの履歴の保存方法を制御することができます。
本資料は、ignorespace>入力したコマンドをhistoryの履歴から除外する方法, ignoredups>同一コマンド続けて実行した時にhistoryの履歴が1つだけになる方法 を同時に有効にできる ignorebothを紹介します。
本資料は、bashを使用して動作確認を行いました。

sakura@ubuntu:~$ LANG=C bash --version
GNU bash, version 4.2.25(1)-release (i686-pc-linux-gnu)
<snip>

スポンサーリンク

関連記事

ignorespace, ignoredupsについては以下の記事を参照してください。

manコマンドで確認してみる

HISTCONTROLについてmanコマンドを実行してマニュアルを見てみます。

$ man bash
<snip>
      HISTCONTROL
             A colon-separated list of values controlling  how  commands  are
             saved  on  the  history  list.   If  the list of values includes
             ignorespace, lines which begin with a space  character  are  not
             saved  in  the history list.  A value of ignoredups causes lines
             matching the previous history entry to not be saved.  A value of
             ignoreboth is shorthand for ignorespace and ignoredups.  A value
             of erasedups causes all previous lines matching the current line
             to  be  removed from the history list before that line is saved.
             Any value not in the above list is ignored.  If  HISTCONTROL  is
             unset,  or does not include a valid value, all lines read by the
             shell parser are saved on the history list, subject to the value
             of  HISTIGNORE.  The second and subsequent lines of a multi-line
             compound command are not tested, and are added  to  the  history
             regardless of the value of HISTCONTROL.
<snip>

上記の出力からわかるように以下のように記されています。

A value of ''ignoreboth'' is shorthand for ''ignorespace'' and ''ignoredups.''

HISTCONTROL=ignoreboth を試してみる

HISTCONTROL=ignorebothを実際に設定し実行した出力例です。

  1. history -c コマンドで履歴の消去。
    sakura@ubuntu:~$ history -c
  2. HISTCONTROLにignorebothを設定。
    sakura@ubuntu:~$ export HISTCONTROL=ignoreboth
  3. ls -l コマンドを実行。
    sakura@ubuntu:~$ ls -l
    合計 0
  4. 再度、ls -l コマンドを実行。
    sakura@ubuntu:~$ ls -l
    合計 0
  5. 先頭にスペースを入力しdateコマンドを実行。
    sakura@ubuntu:~$  date
    2013年 12月  5日 木曜日 20:28:47 JST
  6. 再度、ls -l コマンドを実行。
    sakura@ubuntu:~$ ls -l
    合計 0
  7. historyコマンドを実行。
    sakura@ubuntu:~$ history
        1  export HISTCONTROL=ignoreboth
        2  ls -l
        3  history
    sakura@ubuntu:~$
    上記の出力結果を説明すると、ls -l コマンドが2回連続実行されているため、一つしか表示されていません。
    また、2回のls -lコマンド実行後に先頭にスペースを入れdateコマンドを実行しています。
    これは、ignorespaceにより履歴保存の対象外となり、historyの履歴対象になりません。
    また、3回目(最後)のls -lですが、このコマンドを実行する前にスペースありのdateコマンドを実行しているため、
    3回連続でls -lコマンドが実行されたこととなり、最後のls -lが表示されていません。

以上、ignorebothによるHISTOCONTROLのignorespace,ignoredupsを一緒に有効にする方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:00 (1307d)