このエントリーをはてなブックマークに追加


geditで正規表現検索をする

以下、Ubuntu10.04, CentOS5.5にて動作確認を行いました。(2011/3/13現在)
geditでは正規表現検索の機能が標準ではないようで、プラグインのインストールが必要になります。
検索だけではなく、置換も可能です。


スポンサーリンク

関連記事

Regex Search & Replace プラグインのダウンロード

geditで正規表現を利用可能にするプラグインをダウンロードします。

  1. Gedit/Plugins - GNOME Live!からRegex Search & Replaceをダウンロード
    以下のURLは、geditのプラグインをダウンロードできるページです。
    ブラウザの検索機能で、Regex Search & Replaceをキーワードにして検索すれば簡単に見つかります。
    http://live.gnome.org/Gedit/Plugins
     
  2. 上記のGedit/Plugins - GNOME Live!に記述されているリンクをクリック
    本資料作成時は、Half Hour Hacksというサイトになっていますので、クリックしページを移動します。
    http://halfhourhacks.blogspot.com/2008/03/gedit-regular-expression-plugin.html
    gedit-regex-01.gif
     
  3. 本文中にDownloadがあるのでクリックするとregex_replace.tar.gzがダウンロードできます。
  4. ダウンロードしたファイルを解凍し~/.gnome2/gedit/plugins/.に保存します。
    この操作はtarコマンドを利用すれば簡単にできますが、以下、GUIを用いた方法を記します。
    (パワーユーザの方であれば、ダウンロードしたregex_replace.tar.gzを展開し、~/.gnome2/gedit/plugins/.に保存するでわかりますよね。)

Regex Search & Replace プラグインのインストール(GUI操作)

以下、Firefoxでダウンロードした場合を例に記述します。
また使用しているディストリビューションはUbuntuになります。

  1. ダウンロードしたディレクトリを確認します。
    Ubuntuであれば、[場所]→[ダウンロード]をクリックするとダウンロードしたファイルディレクトリを確認することができます。
    gedit-regex-02.gif
     
  2. ダウンロードしたregex_replace.tar.gzをダブルクリックします。
  3. 書庫マネージャーが起動し、以下の画面が表示されます。
  4. [展開]ボタンを押して書庫を展開します。(この時点ではまだ展開されません)
    gedit-regex-03.gif
     
  5. 以下の「展開」画面が表示されるので、左側のデスクトップをクリックし、右下の[展開(E)]をクリックします。
    gedit-regex-04.gif
     
  6. 展開が終了すると以下のメッセージが表示されます。
    gedit-regex-05.gif
     
  7. デスクトップに展開されていることが確認できます。
    gedit-regex-06.gif
     
  8. [場所]→[フォームフォルダ]をクリックします。
  9. [表示(V)]→[隠しファイルを表示する(H)]をクリックします。
  10. .gnome2を探します。
    フォルダがない場合は.gnome2を作成してください。
    gedit-regex-07.gif
     
  11. .gnome2をクリックするとgeditフォルダがあるのでgeditフォルダもクリックします。
    geditフォルダがない場合はgeditフォルダを作成してください。 クリック後、以下のような状態になります。
    gedit-regex-08.gif
     
  12. pluginsフォルダの作成
    pluginsフォルダがない場合はpluginsを作成してください。
    [ファイル(F)]→[フォルダの生成(F)]をクリックすればフォルダを作成できます。
    マウスの右クリックでもフォルダの作成ができます。
    gedit-regex-09.gif
     
  13. デスクトップに展開したregex_replaceフォルダとregex_replace.gedit-pluginを作成したpluginsフォルダに移動します。
    以下、マウス操作にて1つのフォルダと1つのファイルをpluginsに移動したスクリーンショットです。
    gedit-regex-10.gif
     
    以上でプラグインのインストールは完了です。

Regex Search & Replaceを使用可能にする

上記の操作でRegex Search & Replaceのインストールは完了しました。
geditが動作している場合は一度終了させてください。

  1. geditを起動します。
  2. [編集(E)]→[設定(E)]をクリックすると「geditの設定」画面が表示されるので「プラグイン」タブをクリックします。
  3. Regex Search & Replaceが表示されているのでチェックボックスにチェックを入れます。
    表示されない場合は、上記のインストール手順が正しいか、またはgeditを再起動したかを確認してください。
    gedit-regex-11.gif
     
  4. [検索(S)]→[Regular expression..]をクリックすると利用することができます。
    gedit-regex-12.gif

スポンサーリンク


添付ファイル: filegedit-regex-09.gif 144件 [詳細] filegedit-regex-03.gif 142件 [詳細] filegedit-regex-10.gif 153件 [詳細] filegedit-regex-11.gif 138件 [詳細] filegedit-regex-01.gif 151件 [詳細] filegedit-regex-04.gif 149件 [詳細] filegedit-regex-02.gif 141件 [詳細] filegedit-regex-08.gif 149件 [詳細] filegedit-regex-06.gif 138件 [詳細] filegedit-regex-07.gif 146件 [詳細] filegedit-regex-12.gif 150件 [詳細] filegedit-regex-05.gif 141件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:08 (1335d)