このエントリーをはてなブックマークに追加


yumによるアップデートファイルの削除

CentOSでは、yumコマンドを使ってパッケージをアップデートやインストールしますよね。
その時、ダウンロードされたキャッシュを削除する方法を以下に記します。
尚、使用したのは、CentOS6になります。

[root@centos6 ~]# lsb_release -d
Description:    CentOS release 6.7 (Final)

スポンサーリンク

キャッシュのありか

アップデートやインストールを行った時のキャッシュは以下のディレクトリに保存されています。

[root@centos6 ~]# du -h /var/cache/yum/
4.0K    /var/cache/yum/x86_64/6/rpmforge/packages
12M     /var/cache/yum/x86_64/6/rpmforge
16K     /var/cache/yum/x86_64/6/updates/packages
17M     /var/cache/yum/x86_64/6/updates
12M     /var/cache/yum/x86_64/6/epel/gen
4.0K    /var/cache/yum/x86_64/6/epel/packages
39M     /var/cache/yum/x86_64/6/epel
4.0K    /var/cache/yum/x86_64/6/extras/packages
168K    /var/cache/yum/x86_64/6/extras
1.2M    /var/cache/yum/x86_64/6/base/gen
36K     /var/cache/yum/x86_64/6/base/packages
22M     /var/cache/yum/x86_64/6/base
89M     /var/cache/yum/x86_64/6
89M     /var/cache/yum/x86_64
89M     /var/cache/yum/
[root@centos6 ~]# du -sh /var/cache/yum/
89M     /var/cache/yum/

yum clean allでキャッシュのクリア

上記のキャッシュをクリアするには、以下のコマンドをrootユーザにて実行します。

yum clean all

実行すると以下の様な出力があります。 [root@centos6 ~]# yum clean all

読み込んだプラグイン:fastestmirror, priorities, refresh-packagekit, security
リポジトリーを清掃しています: base epel extras updates
すべて掃除しています
Cleaning up list of fastest mirrors

キャッシュがクリアされたかを確認してみます。

[root@centos6 ~]# du -sh /var/cache/yum/
13M     /var/cache/yum/

キャッシュの一部が削除されたのが確認できます。

以上、yumによるインストールおよびアップデートでキャッシュされたファイルのありかと削除コマンドの紹介でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-05 (土) 01:09:10