このエントリーをはてなブックマークに追加


makewhatis,updatedbが起動しないようにする

マシンを立ち上げるといきなりCPU使用率が高く、topコマンドなどで見てみるとmakewhatisが動作しておりCPUを占有している状態になった場合の対処方法を記します。
本資料はCentOSにてmakewhatisでCPU使用率が高い状態になったので以下の手順で停止しました。

top - 16:27:11 up  1:21,  1 user,  load average: 1.65, 1.35, 1.33
Tasks:  94 total,   2 running,  92 sleeping,   0 stopped,   0 zombie
Cpu(s):  5.2%us, 11.7%sy,  3.4%ni, 64.4%id,  8.6%wa,  0.7%hi,  5.9%si,  0.0%st
Mem:    251636k total,   246740k used,     4896k free,    20100k buffers
Swap:  1048568k total,      100k used,  1048468k free,   123100k cached

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND            
 3901 root      39  19 64224 1544 1000 S  9.9  0.6   0:56.08 makewhatis         
  125 root      10  -5     0    0    0 S  2.0  0.0   0:00.33 kswapd0            
    1 root      18   0 10372  696  584 S  0.0  0.3   0:01.83 init               
<snip>

スポンサーリンク

makewhatisとは?

makewhatisはwhatisデータベースを生成するために動作します。
以下、man whatisをした時の抜粋です。

WHATIS(1)                             Manual pager utils                             WHATIS(1)

名前
       whatis - マニュアルページの要約を表示する

書式
       [-dhV] [-r|-w] [-m system[,...]] [-M path] name ...

説明
       それぞれのマニュアルページには、先頭に短い要約文が書かれている。
       whatis はマニュアルページの名前を検索し、name
       にマッチしたすべてのマニュアルから、この要約文を取り出して表示する。

<snip>

makewhatisはどこで起動されているのか?

makewhatis.cronがmakewhatisを起動していました。

以下、/etc/crontabの設定です。

[root@centos ~]# cat /etc/crontab 
SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=root
HOME=/

# run-parts
01 * * * * root run-parts /etc/cron.hourly
02 4 * * * root run-parts /etc/cron.daily
22 4 * * 0 root run-parts /etc/cron.weekly
42 4 1 * * root run-parts /etc/cron.monthly

makewhatis.cronは以下の2つが存在していました。

[root@centos ~]# cat /etc/cron.weekly/makewhatis.cron 
#!/bin/bash

LOCKFILE=/var/lock/makewhatis.lock

# the lockfile is not meant to be perfect, it's just in case the
# two makewhatis cron scripts get run close to each other to keep
# them from stepping on each other's toes.  The worst that will
# happen is that they will temporarily corrupt the database...
[ -f $LOCKFILE ] && exit 0
trap "{ rm -f $LOCKFILE; exit 255; }" EXIT
touch $LOCKFILE
makewhatis -w
exit 0
[root@centos ~]# cat /etc/cron.daily/makewhatis.cron 
#!/bin/bash

LOCKFILE=/var/lock/makewhatis.lock

# the lockfile is not meant to be perfect, it's just in case the
# two makewhatis cron scripts get run close to each other to keep
# them from stepping on each other's toes.  The worst that will
# happen is that they will temporarily corrupt the database...
[ -f $LOCKFILE ] && exit 0
trap "{ rm -f $LOCKFILE ; exit 255; }" EXIT
touch $LOCKFILE
makewhatis -u -w
exit 0

makewhatis.cronを起動しないようにする

対処方法として、以下のcronファイルのパーミッションを644に変更しました。

chmod 644 /etc/cron.daily/makewhatis.cron
chmod 644 /etc/cron.weekly/makewhatis.cron

mlocate.cronも停止

locateコマンド用のデータベース更新を行うmlocate.cronも停止させました。
(updatedbコマンドによりlocateコマンド用のデータベースを更新する)

locateコマンドのためにupdatedbコマンドを実行している

[root@centos ~]# cat /etc/cron.daily/mlocate.cron 
#!/bin/sh
nodevs=$(< /proc/filesystems awk '$1 == "nodev" { print $2 }')
renice +19 -p $$ >/dev/null 2>&1
/usr/bin/updatedb -f "$nodevs"

makewhatis.cronと同様にパーミッションを644にして停止させました。

chmod 644 /etc/cron.daily/mlocate.cron

まとめ

makewhatis, updatedbが起動し、CPU使用率が上がったままになったのでmakewhatis, updatedbがcronで起動されないようにした。
何らかの性能測定を行うサーバだったり、makewhatis, updatedbが不要なサーバであれば止めも良いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:20 (1341d)