このエントリーをはてなブックマークに追加


CentOS 5.xのインストール時にX Windowをインストールしない手順

CentOS 5.xのインストール時に、X Windowをインストールせず、開発環境のみ構築(GCC, Perlなど)する方法を記します。
最低限のシステムをインストールし、開発環境を別途選択にてインストールします。
使用用途としては、sshによる接続で使うサーバーの構築になると思います。
また、本資料では開発環境をインストールしていますが、開発環境をインストールせず、基本システムインストール後、Webサーバの構築やデータベースサーバーの構築などの基礎システムの構築になると思います。

本資料は、CentOS5.8の64bit版を使用しVirtualBox上に環境を構築しました。


スポンサーリンク

開発環境のみインストールする(X Windowはインストールしない)

以下の手順で開発環境のみインストールします。
操作が必要な部分のみを重点に説明します。

  1. CentOS 5のインストーラー起動画面です。
    centos-01.gif
     
  2. デフォルトでチェックが入っているDesktop - Gnomeを外します。
    すべてのチェックが外れている状態になります。
  3. 今すぐカスタマイズする(C)にチェックを入れ、次(N)ボタンを押します。
    centos-02.gif
     
  4. 左側のリストボックスに表示されている開発をクリックし(スクロールが必要)、右側のリストボックスに表示されている開発ツールをクリックし次(N)ボタンをクリックします。
    centos-03.gif
     
  5. 次(N)ボタンを押すとインストールが開始されます。
    centos-04.gif
     
  6. 後はメッセージに従いインストールすれば基本システムと開発ツールがインストールされたCentOSができあがります。

スポンサーリンク


添付ファイル: filecentos-03.gif 176件 [詳細] filecentos-02.gif 179件 [詳細] filecentos-01.gif 143件 [詳細] filecentos-04.gif 208件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:30