このエントリーをはてなブックマークに追加


CentOSのホスト名の変更

CentOSのホスト名をCUI操作により変更する方法を記します。
尚、本資料はCentOS5.8を使用しました。
CentOS6.xでも同様の操作でホスト名を変更できることを確認済みです。



スポンサーリンク


ホスト名が記述されているファイルを編集する

ホスト名が記述されているフルパスファイル名は以下の通りです。

/etc/sysconfig/network

rootユーザになり上記のファイルを変更します。
変更箇所はHOSTNAME=ホスト名となっている部分です。

[root@centos ~]# cat /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=yes
HOSTNAME=centos

上記の場合は、ホスト名がcentosになっています。

テキストユーザインタフェースを利用する・system-config-network-tui

以下のコマンドをrootにて実行することにより、テキストユーザインタフェースを利用してホスト名を設定できます。

system-config-network-tui

system-config-network-tuiコマンドはネットワークカードの設定やDNSの設定も行えます。

system-config-network-tuiコマンドが存在しない場合は、rootユーザにて以下のコマンドでインストールしてください。

yum install system-config-network-tui

以下、起動直後のスクリーンショットです。(TeraTerm使用)

01.gif
 
  • Edit Devicesはネットワークカードの設定になります。
  • Edit DNS configuration DNSの設定を行います。

今回ホスト名を変更するので、Edit DNS configurationを下カーソルキーを押しEnterキーを押します。
基本的な操作は、タブキーで項目移動となります。 カーソルキーとタブキーで移動し、値を設定後、タブキーを押してOKボタンや保存して終了ボタンに移動しEnterキーで確定する操作になります。

下図のスクリーンショットは、Edit DNS configurationを選んだときのスクリーンショットです。

02.gif
 

ホスト名の部分を修正し、タブキーでOKボタンに移動しEnterキーを押します。
最初の画面が表示されるので、タブキーで「保存して終了」に移動しタブキーを押せば設定完了です。
/etc/sysconfig/networkファイルのHOSTNAMEが変更されます。



スポンサーリンク

添付ファイル: file02.gif 273件 [詳細] file01.gif 318件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:25