このエントリーをはてなブックマークに追加


viのインデントをスペースにする方法

プログラミングをしている方で、インデントをタブでは無く、スペースで使用している方は、結構多いと思います。
viの設定により、タブキーを押しても指定したスペース数でインデントすることができます。


スポンサーリンク

関連記事

vi設定コマンド

以下の3のコマンドにより設定することができます。

set tabstop=4
set autoindent
set expandtab

上記の3つのsetは、タブ幅4(スペース4つになる)、オートインデントの有効化、Tabをスペースにするの3つを指定し設定ています。
vi起動後に設定するには、以下の操作になります。

:set tabstop=4 <Enter>
:set autoindent <Enter>
:set expandtab <Enter>

viの設定ファイルに記述

viの設定ファイルに記述すると、上記の設定がvi起動時には有効になります。
ホームディレクトリに.vimrcファイルを作成し.vimrcファイルに以下の記述をします。
ファイルが存在する場合は追記すればよいと思います。

set tabstop=4
set autoindent
set expandtab

set expandtabの無効化方法

スペースをタブに変更したい(もどしたい)場合のコマンドは以下のようになります。

set noexpandtab

set expandtabが無効になります。

番外編

既にタブでインデントしているテキストをスペースに変換したい場合は、以下のコマンドが便利です。

expand

使用方法は、「タブをスペースに変換」を参照してください。

逆にスペースをタブに変換したい場合は、以下のコマンドを利用します。

unexpand

使用方法は、「スペースをタブに変換」を参照してください。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:27:59 (1640d)