このエントリーをはてなブックマークに追加


manコマンドの各セクションの説明

manコマンドの各セクションに対応する内容を下表にまとめました。
また、manコマンドにセクション番号を付けた使用例を以下に記します。


スポンサーリンク

関連資料

各セクションの説明(表)

/usr/share/man/ディレクトリを見れば、どのような資料が格納されているかを確認できます。

セクション分類
PPOSIX関連(各種ヘッダファイルの説明など)
1一般的なコマンド
2(Linuxカーネル)システムコール関連
3標準Cライブラリ関数
4スペシャルファイル関連(/dev/xxx関連)
5特定のファイル構造と利用しているプログラムの説明など
6ゲーム
7プロトコルや規格など
8管理者が利用するコマンドなど

各セクションの実行例

manコマンドにセクション番号を引数として渡さなくても、manページを探し表示されますが、以下の使用例ではセクション番号を指定して実行しています。
セクション番号を指定しないと、適切ではないmanページが表示される可能性がある場合があります。
これは、writeやreadをmanコマンドで調べた場合、複数のセクションにこのキーワードが存在しています。
(例)

  • write : コマンド(1)とシステムコール(2)に存在している このような場合は、セクションを指定してmanコマンドを使用すると意図した情報を得ることができます。

manコマンドの実行例

各セクションを指定してmanコマンドを実行した結果を以下に記します。
尚、CentOSで実行しました。

man P の実行例

$ man P stdio.h

<stdio.h>(P)               POSIX Programmer’s Manual              <stdio.h>(P)

PROLOG
       This  manual page is part of the POSIX Programmer’s Manual.  The Linux implementa-
       tion of this interface may differ (consult the corresponding Linux manual page for
       details of Linux behavior), or the interface may not be implemented on Linux.

NAME
       stdio.h - standard buffered input/output

SYNOPSIS
       #include <stdio.h>

DESCRIPTION
       Some of the functionality described on this reference page extends the ISO C stan-
       dard. Applications shall define the appropriate feature test macro (see the System
       Interfaces  volume  of IEEE Std 1003.1-2001, Section 2.2, The Compilation Environ-
       ment) to enable the visibility of these symbols in this header.
<snip>

man 1 の実行例

$ man 1 ls

LS(1)                                                                    LS(1)

名前
       ls, dir, vdir - ディレクトリの中身をリスト表示する

書式
       ls [options] [file...]

       POSIX オプション: [-CFRacdilqrtu1]

       GNU   オプション (簡略形式): [-1abcdfghiklmnopqrstuvxABCDFGHLNQRSUX] [-w cols] [-T
       cols] [-I pattern] [--block-size=SIZE] [--classify] [--color[={none,always,auto}]]
       [--file-type]    [--full-time]    [--format={across,commas,long,single-column,ver-
       bose,vertical}]  [--human-readable]  [--indicator-style={none,file-type,classify}]
       [--quoting-style={c,clocale,escape,literal,locale,shell,shell-always}]
       [--show-control-chars]     [--si]      [--sort={none,extension,size,time,version}]
       [--time={atime,access,ctime,status,use}] [--help] [--version] [--]
<snip>

man 2 の実行例

$ man 2 setuid

SETUID(2)                  Linux Programmer’s Manual                 SETUID(2)

名前
       setuid - ユーザー識別 (identity) を設定する

書式
       #include <sys/types.h>
       #include <unistd.h>

       int setuid(uid_t uid);

説明
       setuid() は現在のプロセスの実効 (effective) ユーザー ID を設定する。もし呼び出し元
       プロセスの実効 UID が root ならば、実 (real) UID と保存 (saved) set-user-ID も設定
       される。
<snip>

man 3 の実行例

$ man 3 malloc

MALLOC(3)                  Linux Programmer’s Manual                 MALLOC(3)

名前
       calloc, malloc, free, realloc - 動的なメモリの割り当てと解放を行う

書式
       #include <stdlib.h>

       void *calloc(size_t nmemb, size_t size);
       void *malloc(size_t size);
       void free(void *ptr);
       void *realloc(void *ptr, size_t size);

説明
       calloc() は size バイトの要素 nmemb 個からなる配列にメモリを割り当て、割り当てられ
       たメモリに対するポインタを返す。メモリの内容は数値ゼロ (全ビットがゼロのバイト) に
       セットされる。

       malloc()  は size バイトを割り当て、割り当てられたメモリに対するポインタを返す。メ
       モリの内容はクリアされない。
<snip>

man 4 の実行例

$ man 4 null

NULL(4)                    Linux Programmer’s Manual                   NULL(4)

名前
       null, zero - データの掃きだめ

説明
       null または zero スペシャルファイル(special file)に書かれたデータは捨てられる。

       null スペシャルファイルを読むと常に end of file が返され、対照的に zero を読むと常
       に \0 文字(null 文字)が返される。

       null と zero は一般的に次のようにして作られる:

              mknod -m 666 /dev/null c 1 3
              mknod -m 666 /dev/zero c 1 5
              chown root:root /dev/null /dev/zero

注意
       もし、これらのデバイスが全てのユーザに対して読み書き可能でない場合、多くのプログラ
       ムの動作がおかしくなるだろう。

ファイル
       /dev/null
       /dev/zero
<snip>

man 5 の実行例

$ man 5 nfs

NFS(5)                     Linux Programmer’s Manual                    NFS(5)

名前
       nfs - NFS 関係の fstab フォーマットとオプション

書式
       /etc/fstab

説明
       fstab ファイルにはファイルシステムをマウントする場所と、その時に用いるオプションと
       が記述されている。 NFS マウントの場合は、マウントの対象にする NFS サーバ−名と、そ
       のサーバーでエキスポートされているディレクトリ、マウントポイントにするローカルディ
       レクトリ、ファイルシステムのマウント方法を制御する NFS 固有のオプション、が記述 さ
       れる。

       以下は /etc/fstab ファイルにおける  NFS マウントの記述例である。

       server:/usr/local/pub    /pub   nfs    rsize=8192,wsize=8192,timeo=14,intr

   オプション
       rsize=n        NFS サーバからファイルを読み込む際に、 NFS が用いるバッファのバイト
                      数を指定する。デフォルト値はカーネルに依存する。現在は 1024 バイ ト
                      。  (しかし rsize=8192 でうまく動作するようなら、転送速度は大きく向
                      上する。)
<snip>

man 6 の実行例

$ man 6 pom
POM(6)                                                                  POM(6)

名称
       pom - 月齢表示

書式
       pom

解説
       pom ユーティリティは今日の月齢を表示します。ソフトウェアを完成させる日を決めたり、
       経営上の判断を行なうのに役に立ちます。
<snip>

man 7 の実行例

$ man 7 ascii

ASCII(7)                   Linux Programmer’s Manual                  ASCII(7)

名前
       ascii - ASCII 文字集合の 8 進数、10 進数、16 進数による符号化

説明
       ASCII  は、情報交換用米国標準コード (American Standard Code for Information Inter-
       change) の略で、7 ビットのコードである。 (ISO 8859-1 のような) 多くの 8 ビットのコ
       ードでは下半分に ASCII を含んでいる。ASCII は国際的な規格では ISO 646 として知られ
       ている。

       以下の表は 128 文字の ASCII 文字をまとめたものである。

       C プログラムでの ’\X’ エスケープも注記してある。

       Oct   Dec   Hex   Char                        Oct   Dec   Hex   Char
       ------------------------------------------------------------------------
       000   0     00    NUL ’\0’                    100   64    40    @
       001   1     01    SOH (ヘッダ開始)            101   65    41    A
       002   2     02    STX (テキスト開始)          102   66    42    B
       003   3     03    ETX (テキスト終了)          103   67    43    C
 <snip>

man 8 の実行例

$ man 8 useradd

USERADD(8)                                                          USERADD(8)

名前
       useradd - 新規ユーザの作成・新規ユーザのデフォルト情報の更新

書式
       useradd [-c comment] [-d home_dir]
               [-e expire_date] [-f inactive_time]
               [-g initial_group] [-G group[,...]]
               [-m [-k skeleton_dir]] [-o] [-p passwd]
               [-s shell] [-u uid] login

       useradd -D [-g default_group] [-b default_home]
               [-e default_expire_date] [-f default_inactive]
               [-s default_shell]

説明
   新規ユーザの作成
<snip>
 

スポンサーリンク

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:10 (1497d)