このエントリーをはてなブックマークに追加


WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!

いつものようにサーバにsshクライアントで接続すると以下のようなメッセージが表示されログインできない場合の対処方法を記述します。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that the RSA host key has just been changed.
The fingerprint for the RSA key sent by the remote host is

このメッセージが表示される状態は、サーバの入れ替えなどにより出力されます。



スポンサーリンク


 

対応方法

ホームディレクトリの.sshディレクトリ内にknown_hostsファイルがあります。($HOME/.ssh/known_hosts)
これをエディタで開き接続先のホスト名またはIPアドレスが記述されている行を削除し保存します。
以下のスクリーンショットはknown_hostsです。
各IP(またはホスト名)で鍵が保存されています。赤色で囲んだ範囲がサーバ毎の鍵になります。
(画面が小さいため複数行に見えますが1つの赤色で囲んだ範囲は1行で構成されています)

known_hosts.gif

再度接続すると以下のメッセージが表示されるので、yesを入力します。

The authenticity of host '192.168.xx.xx (192.168.xx.xx)' can't be established.
RSA key fingerprint is xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?
 


スポンサーリンク
 

添付ファイル: fileknown_hosts.gif 201件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:25