このエントリーをはてなブックマークに追加


Ctrl+Sによる端末ロックを無効にする方法

WindowsでTera Termなどのターミナルソフトでssh接続していると、思わずCtrl+S(Stop)を押して
キー入力を受け付けないロック状態にしてしまうことがあります。
Ctrl+Qを押せば解除されるのですが、本資料はCtrl+S自体を無効にする方法を記します。


スポンサーリンク

関連記事

Ctrl+S(stop)を常に無効にする方法

ついつい慣れていないと押してしまうCtrl+Sという状態であれば、.bashrcに以下の構文を追記します。
動作確認はCentOS6で行いました。

stty stop undef

catコマンドで出力した.bashrcの内容です。
一番最後に追記しています。(ただし問題があります。問題と解決策も以下に記述してあります。)

[sakura@centos6 ~]$ cat .bashrc
# .bashrc

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

# User specific aliases and functions
stty stop undef

これにより、Ctrl+Sで端末がロックすることはなくなります。
bashを使用しているので、Ctrl+Sを押すとi-searchと表示されるようになります。

しかし困ったことにscpコマンドでファイルを設定したマシンに対してコピーすると以下のようなエラーが発生してしまいます。
この問題に対する対処方法は、以下に記します。

[sakura@centos6 ~]$ scp file localhost:
sakura@localhost's password:
stty: 標準入力: 無効な引数です
file                                          100%    2     0.0KB/s   00:00

scpのエラー回避策は、接続後に端末でstty stop undefを入力し設定するか、以下のように.bashrcを設定します。

参考記事 : scpができなくなった時の対処法・bashrc編

上記では最後に以下の1行を追記しました。

stty stop undef

これを以下のように変更します。

if [ "$SSH_TTY" != "" ]; then
        stty stop undef
fi

catコマンドで出力した.bashrcの内容です。

[sakura@centos6 ~]$ cat .bashrc
# .bashrc

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
        . /etc/bashrc
fi

# User specific aliases and functions
if [ "$SSH_TTY" != "" ]; then
        stty stop undef
fi

Ctrl + s とCtrl + q

sttyコマンドでキーに割り当てられている動作を確認してみます。
以下、stty -a で出力した結果です。

[sakura@centos6 ~]$ stty -a
speed 9600 baud; rows 24; columns 80; line = 0;
intr = ^C; quit = ^\; erase = ^H; kill = ^U; eof = ^D; eol = <undef>;
eol2 = <undef>; swtch = <undef>; start = ^Q; stop = ^S; susp = ^Z; rprnt = ^R;
werase = ^W; lnext = ^V; flush = ^O; min = 1; time = 0;
-parenb -parodd cs8 -hupcl -cstopb cread -clocal -crtscts -cdtrdsr
-ignbrk -brkint -ignpar -parmrk -inpck -istrip -inlcr -igncr icrnl ixon -ixoff
-iuclc -ixany -imaxbel -iutf8
opost -olcuc -ocrnl onlcr -onocr -onlret -ofill -ofdel nl0 cr0 tab0 bs0 vt0 ff0
isig icanon iexten echo echoe echok -echonl -noflsh -xcase -tostop -echoprt
echoctl echoke

上記の出力をみると、以下の記述が表示されています。
^はCtrlになります。

start = ^Q; stop = ^S

つまり、Ctrl+Sはstop, Ctrl+Qはstartになります。

以上、Ctrl+Sによる端末ロックを無効にする方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:29 (1310d)