このエントリーをはてなブックマークに追加


特定番号のhistoryを消去する方法

端末を起動した後、操作ミスによりパスワードなどを入力してhistoryにしまったりすることがありませんか?
上行の例以外でも、historyコマンドで出力される特定の履歴のみを消去したい場合にも利用することができます。
以下に操作方法を記します。


スポンサーリンク

関連資料

特定の操作履歴を削除してみる

historyコマンドの-dオプションを使用することにより指定したオフセットの履歴を削除することができます。
構文は以下のようになります。

history -d オフセット(番号)

以下に操作例を記します。

  1. historyの-cオプションで全ての履歴を消去。
    [sakura@centos ~]$ history -c
  2. 以下のように3つのコマンドを実行。(出力を抑止するため > /dev/null を記述。)
    [sakura@centos ~]$ ls > /dev/null
    [sakura@centos ~]$ echo hello > /dev/null
    [sakura@centos ~]$ date > /dev/null
  3. 上記の3つのコマンド発行後、historyで操作履歴を確認。
    [sakura@centos ~]$ history 
        1  ls > /dev/null
        2  echo hello > /dev/null
        3  date > /dev/null
        4  history 
  4. 2番めの ls > echo hello > /dev/nullを削除してみる。
    [sakura@centos ~]$ history -d 2
  5. 再度historyで操作履歴を確認するとecho hello > /dev/null が削除されていることが確認できます。
    [sakura@centos ~]$ history 
       1  ls > /dev/null
       2  date > /dev/null
       3  history 
       4  history -d 2
       5  history 
    [sakura@centos ~]$ 

以上、特定番号の操作履歴を削除する方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:27:14 (1278d)