このエントリーをはてなブックマークに追加


ファイル内の表示可能な文字列を表示する

テキストファイル以外のファイルの表示可能な文字列を表示します。
使用場面としては、何のバイナリファイルかわからない場合などに利用すると便利です。
例えばcoreファイルや実行ファイルをstringsを通すことでプログラムに埋め込んだ文字列により実行ファイルを特定することができたり環境変数などを知ることができるかもしれません。

 

スポンサーリンク

実行例

定番のHello worldのC言語ソースを作成、コンパイルしてstringsを利用してみます。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    printf("HELLO WORLD\n");
    return 0;
}

以下、コンパイル後に実行しstringsコマンドで作成したバイナリファイルに含まれる文字列を表示しています。

strings-01.png
 

スポンサーリンク

 

添付ファイル: filehello.c 123件 [詳細] filestrings-01.png 105件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:27:37 (1278d)