このエントリーをはてなブックマークに追加

iBook G4 1.2GHzにLubuntu 12.04をインストール

iBook G4 1.2GHzをUbuntu10.04で使用していましたが、そろそろ再インストールをしようと思い、Lubuntu 12.04 (Precise Pangolin)をインストールしてみることにしました。


スポンサーリンク

関連記事

インストール前の準備

PowerPC向けのダウンロードページ

PowerPC向けのダウンロードページは以下のURLになります。
https://wiki.ubuntu.com/PowerPCDownloads/

ここから Lubuntu 12.04 (Precise Pangolin)のインストールイメージをダウンロードしました。
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/precise/release/
ダウンロードしたイメージは、Mac (PowerPC) and IBM-PPC (POWER5) desktop CDです。
ダウンロードしたisoイメージをDVD-Rに焼きインストールを行いました。
(Download iso image file : lubuntu-12.04-desktop-powerpc.iso)

00.gif

iBookの環境

  • ディスクすべて使用してLubuntuをインストールします。

Lubuntuインストール開始

以下にiBook G4 1.2GHzにLubuntu 12.04をインストールした手順などを記します。

  1. 有線LANを使用します。LANケーブルを接続してください。
  2. 作成したLubuntuのインストールディスクをiBook G4の電源投入時に挿入し、Cボタンを押しっぱなしにします。
  3. しばらくするとインストールディスクから立ち上がります。
    Enetrキーを押して進みます。
  4. LiveCDとなっているので、しばらくすると以下のスクリーンショットが表示されます。
  5. 左上のInstall Lubuntu 12.04のアイコンをクリックするとインストールが開始されます。
    01.gif
     
  6. 日本語を選択しました。
    02.gif
     
  7. インストール中にアップデートするにチェックを入れました。
  8. サードパーティのソフトウェアをインストールするにチェックを入れました。
    03.gif
     
  9. ディスクすべてを使ってLubuntuをインストールしました。
    Lubuntuインストール前まではDebianがインストールされていたので、以下のようなスクリーンショットになっています。
    04.gif
     
    05.gif
     
  10. ロケールを設定します。
    デフォルトのTokyoのまま進みました。
    06.gif
     
  11. キーボードを指定します。
    当方、以下のように設定しました。
    07.gif
     
  12. ユーザアカウントの情報を入力します。
    08.gif
     
  13. インストール開始画面です。
    09.gif
     
  14. インストール終了画面です。
    今すぐ再起動するボタンをクリックします。 インストールメディアが排出されEnterキーを押すと再起動します。
    10.gif
     
  15. 再起動し初ログインをしたらアップデートがきていたのでアップデートしました。
    11.gif

インストール後の設定

インストール後に以下の設定などを行いました。

  1. 無線LANを有効(使えるよう)にする。
  2. インプットメソッドのインジケータを表示する。
  3. バッテリー状態を表示する。
  4. LibreOfficeのインストール。

無線LANを有効にする

端末を起動し以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install firmware-b43-installer

以下のスクリーンショットのようにアクセスポイントが表示されます。
アクセスポイントをクリックし、パスワード認証すれば、アクセスポイントのパスワード入力画面になります。
あとは、アクセスポイントのパスワードを入力すれば無線による接続が可能になります。

12.gif
 

インプットメソッドのインジケータを表示する

画面上に インプットメソッドのインジケータを表示するように設定しました。
端末を起動し、ibus-setup と入力し起動すると、IBusの設定画面が表示されます。
設定は以下のようにしました。

13.gif
 

以下のコマンドによりマシンを再起動しなくてもインジケータが表示されます。
(再起動しても表示されました。)

ibus-daemon -drx

インプットメソッドのインジケータを表示したスクリーンショットです。

14.gif
 

バッテリーの状態を表示する

デフォルトのバッテリ表示はうまく動作していないようだったので、xbattbar をインストールしました。
端末を起動して以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get install xbattbar
 

端末を開いてxbattbarを起動すれば、画面の一番下にバッテリーバーが数ドット幅で表示されます。
しかし、毎回端末から起動するのも面倒なので、.profileに以下の構文を追記しました。

xbattbar &

.profileの抜粋です。

<snip>
# set PATH so it includes user's private bin if it exists
if [ -d "$HOME/bin" ] ; then
    PATH="$HOME/bin:$PATH"
fi

xbattbar &

以下のスクリーンショットの通り、一番下に数ドット幅で表示されています。
緑のバーは充電中状態であることを示してます。
(充電が完了すれば画面一杯が緑色になります。)
xbattbarには各種オプションがあります。

上下左右にバーを表示したりすることができるのでmanコマンドで使用方法を確認してみてください。

15.gif

LibreOfficeのインストール

今回、端末からapt-getコマンドでインストールしました。 apt-getコマンドでlibreofficeをインストール

sudo apt-get install libreoffice

起動してみると、メニューなどが日本語になっていなかったので以下のパッケージをインストールし、日本語化されました。

sudo apt-get install libreoffice-l10n-ja

以下のように一緒にインストールしてしまえばよいと思います。

sudo apt-get install libreoffice libreoffice-l10n-ja

以上、iBook G4 1.2GHzに Lubuntu12.04をインストールした時の資料でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file15.gif 271件 [詳細] file01.gif 318件 [詳細] file02.gif 252件 [詳細] file06.gif 197件 [詳細] file05.gif 220件 [詳細] file03.gif 219件 [詳細] file12.gif 227件 [詳細] file13.gif 260件 [詳細] file08.gif 205件 [詳細] file14.gif 226件 [詳細] file11.gif 241件 [詳細] file09.gif 247件 [詳細] file07.gif 200件 [詳細] file04.gif 210件 [詳細] file10.gif 195件 [詳細] file00.gif 869件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:45 (1164d)