このエントリーをはてなブックマークに追加


iBusからSCIM-Anthyに変更する

本記事をアップした時点のUbuntu10.04では、インプットメソッドとしてiBusが利用されています。
しかし、私の環境ではなぜか変換ボタン(スペースキー)を押し確定ボタン(改行キー)を押すと入力した文字を落としてしまう(消えてしまう)事象が発生しています。
この事象は変換決定前に確定ボタンを押すと消えるているようにみえます。

デフォルトのインプットメソッドであるiBusを以前のSCIM-Anthyにしたら変換文字を落とす(消える)事象が発生しなくなったので手順を以下に記します。
尚、使用したマシンのインストールはUbuntu10.04 日本語Remixを使用したものです。


スポンサーリンク

SCIM-Anthyのインストール

端末を起動し以下のコマンドを実行します。
(アプリケーション→アクセサリー→端末で端末を起動)
続行しますか [Y/n]?が表示されるのでyを入力し改行キーを押すとインストールが開始されます。
プロンプトが表示されればインストールが完了です。

sudo apt-get install scim-anthy
  • スクリーンショット
    scim-01.gif
     
    スクリーンショットを見ると、依存関係のあるパッケージ(scim-bridge-client-gtkなど)もインストールされます。

Ubuntuソフトウェアセンターからインストールする場合

Ubuntuソフトウェアセンターを起動しscim-anthyを検索すると下図ので囲んだ部分をパッケージをインストールすれば上記コマンドでインストールした状態と同じになるようです。

scim-02.gif
 

iBusからSCIM-Anthyに変更する

インストールが完了したらインプットメソドをSCIM-Anthyに以下の手順で変更します。

  1. SCIM入力メソッドを有効にする
    [システム]→[システム設定]→[言語のサポート]をクリックし「言語とテキスト」を表示します。
    本画面を表示する前に「不完全な言語サポート」が表示されたので当方の環境ではインストールしました。
    scim-03.gif
     
  2. SCIM-Bridgeに変更 「キーボードに使うIMEシステム」を「scim-bridge」に変更し画面を閉じます。
    scim-04.gif
     

SCIM-Anthyの起動画面

インプットメソッド(かな漢字変換)を起動するとSCIM-Anthyが起動されるようになります。
SCIM-Anthyを有効にするには、再度ログインしなおせば有効になります。

  • iBus(変更前)
    scim-05.gif
     
  • SCIM(変更後)
    scim-06.gif
     

参考資料

Linux環境設定/SCIMの設定でローマ字入力をマイクロソフトIME形式にする


スポンサーリンク

 

添付ファイル: filescim-05.gif 252件 [詳細] filescim-02.gif 962件 [詳細] filescim-01.gif 391件 [詳細] filescim-03.gif 243件 [詳細] filescim-04.gif 291件 [詳細] filescim-06.gif 257件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:55 (1216d)