このエントリーをはてなブックマークに追加


UbuntuでLAMP環境を構築する

Ubuntu16.04の記述を追加しました。

この資料はUbuntu10.04を使ってLAMP環境を構築します。
(Ubuntu12.04でも問題なく構築できました。)


スポンサーリンク

LAMPに必要なソフトェアのインストール

LAMPとは

LAMPとは以下のソフトウェアの頭文字を取ったものです。

ソフトウェア名ソフトウェアの説明
LinuxOS
ApacheHTTPサーバ
MySQLデータベース
PHPスクリプト言語

apt-getコマンドでLAMP必要なパッケージをインストール

以下のコマンドでApache, MySQL, PHPのパッケージをインストールします。

sudo apt-get install apache2 mysql-server php5 php5-mysql

Ubuntu16.04の場合

sudo apt install apache2 libapache2-mod-php php mysql-server php-mysql 

以下、実際にインストールしたときの出力です。

sakura@ubuntu:~$ sudo apt-get install apache2 mysql-server php5 php5-mysql
[sudo] password for sakura: 
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  apache2-mpm-prefork apache2-utils apache2.2-bin apache2.2-common
  libapache2-mod-php5 libapr1 libaprutil1 libaprutil1-dbd-sqlite3
  libaprutil1-ldap libdbd-mysql-perl libdbi-perl libhtml-template-perl
  libmysqlclient16 libnet-daemon-perl libplrpc-perl mysql-client-5.1
  mysql-client-core-5.1 mysql-common mysql-server-5.1 mysql-server-core-5.1
  php5-common
提案パッケージ:
  apache2-doc apache2-suexec apache2-suexec-custom php-pear dbishell
  libipc-sharedcache-perl tinyca mailx php5-suhosin
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  apache2 apache2-mpm-prefork apache2-utils apache2.2-bin apache2.2-common
  libapache2-mod-php5 libapr1 libaprutil1 libaprutil1-dbd-sqlite3
  libaprutil1-ldap libdbd-mysql-perl libdbi-perl libhtml-template-perl
  libmysqlclient16 libnet-daemon-perl libplrpc-perl mysql-client-5.1
  mysql-client-core-5.1 mysql-common mysql-server mysql-server-5.1
  mysql-server-core-5.1 php5 php5-common php5-mysql
アップグレード: 0 個、新規インストール: 25 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
29.9MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 74.1MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y

上記のメッセージが表示されるので、yを押してEnterキーを押せばLAMPに必要なパッケージがインストールされます。

LAMPインストール途中の問い合わせ

Apache, MySQL, PHPのパッケージをインストールしていたところ、以下の画面が表示されました。
MySQLのrootのパスワードを設定するようにと画面に出力されます。

mysql-01.gif
 
mysql-02.gif
 

(このrootはMySQLのroot(管理者)のパスワードであり、Ubuntuのアカウントとは関係ありません。)

MySQLに接続できるか試してみる

パッケージのインストールが完了したら以下のコマンドでMySQLに接続できるか試してみました。

mysql -u root -p

以下、上記コマンドを実行時の出力です。
パスワードはMySQLインストール中に入力したrootのパスワードを利用しました。

sakura@ubuntu:~$ mysql -u root -p
Enter password: 
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 41
Server version: 5.1.61-0ubuntu0.10.04.1 (Ubuntu)

Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql> select now();
+---------------------+
| now()               |
+---------------------+
| 2012-04-21 00:37:43 |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> quit
Bye

Apacheが動作しているか確認する

ブラウザ(Firefox)を起動してlocalhostに接続してみました。

httpd-01.gif
 

Apacheの設定を確認してみたところ、DocumentRootは/etc/apache2/sites-available/defaultに記述されていました。

sakura@ubuntu:~$ cat /etc/apache2/sites-available/default | grep DocumentRoot
	DocumentRoot /var/www

PHPが動作しているか確認する

私がインストールした時、ApacheのあとにPHPがインストールされたため、ブラウザでinfo.phpに接続してみたら、ダウンロード画面が表示されました。
これは、PHPがインストールされる前にApacheが起動してしまったため、PHPが有効になっていなかったために発生したと思われます。
以下のコマンドで念のため、Apacheを再起動することをお勧めします。

sudo service apache2 restart

DocumentRootの/var/wwwに以下のファイルを作成する。
ファイル名はinfo.phpにしました。

<?php phpinfo(); ?>

注意:/var/wwwのディレクトリには一般のユーザではパーミッションによりフィアルを保存することができません。
以下のようにしてファイルを作成し保存してください。

  • sudo vi /var/www/info.php
  • gksu gedit /var/www/info.php

ブラウザを起動しlocalhost/info.phpに接続します。
以下のような画面が表示されればPHPが動作しています。

httpd-02.gif
 

以上、UbuntuでLAMP環境を構築するための資料でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: filehttpd-02.gif 298件 [詳細] filehttpd-01.gif 382件 [詳細] fileinfo.php 879件 [詳細] filemysql-01.gif 239件 [詳細] filemysql-02.gif 232件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 21:45:25 (405d)