このエントリーをはてなブックマークに追加


かな漢字変換オン・オフキーの変更(iBus)

かな漢字変換のオン・オフを自分の好みに設定したい場合は、以下の方法により設定が可能です。 この記事では、SHIFT+SPACEによるかな漢字変換のオン・オフを行った手順も記述してあります。

以下、iBusの設定による、かな漢字変換のオン・オフキーの変更(追加、削除)方法について以下に記します。
使用した環境はUbuntu10.04です。


スポンサーリンク

iBusの設定画面の起動

  1. 「システム」→「設定」→「IBus設定」をクリックします。
    ibus-01.gif
     
  2. IBusの設定画面が表示されます。
  3. 赤色で囲んだ…ボタンをクリックします。
    ibus-02.gif
     
  4. 「トリガーのキーボードショートカットを選択」画面が表示されます。
  5. 赤色で囲んだ…ボタンをクリックします。
    ibus-03.gif
     
  6. 「キー(もしくはキーの組み合わせ)を入力してください」の画面が表示されますので、かな漢字変換のオン・オフを割り当てたいキーボードを押します。
    ibus-04.gif
     

IBus設定例(SHIFT+SPACEをトリガーキーとして設定)

以下、SHIFT+SPACEをかな漢字変換オン・オフキーに設定したときの操作です。

注意
下図のキーボードショートカットキーで不要なものを削除しないと追加できないことがあります。(最大数が決まっているようです。)
この記事では、Alt+Release+Alt_Rを削除しました。

ibus-05.gif
 
  1. キー(もしくはキーの組み合わせ)を入力してください」の画面でSHIFT+SPACEを押下。
    ibus-04.gif
     
  2. SHIFT+SPACEが認識されました。
    ibus-06.gif
     
  3. 追加ボタンを押し、登録します。
    下図スクリーンショットは追加ボタンを押した後の状態です。
    SHIFT+SPACEが追加されています。
    ibus-07.gif
     
  4. IBus関連のウインドウを閉じ設定は終了です。

この設定によりSHIFT+SPACEによるかな漢字変換オン・オフが可能となります。

 

スポンサーリンク

 

添付ファイル: fileibus-04.gif 216件 [詳細] fileibus-05.gif 108件 [詳細] fileibus-07.gif 193件 [詳細] fileibus-02.gif 405件 [詳細] fileibus-06.gif 194件 [詳細] fileibus-01.gif 261件 [詳細] fileibus-03.gif 207件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:53 (1161d)