このエントリーをはてなブックマークに追加


MATEで英語キーボード・日本語キーボード切替ショートカットキーを設定する手順

デスクトップ環境にMATEを使用している場合、設定ファイルを変更せずにGUIで英語キーボード、日本語キーボードの切替をショートカットキーに設定することができます。


スポンサーリンク

MATEのキーボード設定により、英語・日本語キーボードのレイアウト切替をショートカットキーで行う手順

以下の手順で、設定したキーボードショートカットキーで、英語・日本語キーボードのレイアウト変更ができるようになります。
動作確認したのは、以下のディストリビューションです。

  • Debian GNU/Linux 9.4 (stretch) MATE MATEをデスクトップ環境としているLinuxであれば、同様の操作で設定が可能です。
  • Linux Mint MATE
  • Ubuntu MATE
  1. システム→設定→ハードウェア→キーボード
    01.png
     
  2. レイアウトタブをクリックします。
  3. 追加ボタンをクリックします。
    02.png
     
  4. レイアウトの選択画面が表示されるので、国:米国、系列:英語(US)を選択します。
  5. 追加ボタンをクリックします。
    03.png
     
  6. レイアウトに英語(US)が追加されたことを確認します。
    04.png
     
  7. レイアウト画面には、以下の2つのチェックボックスによる設定がありますので、お好みで設定してください。
    05.png
     
  8. オプションをクリックします。
    06.png
     
  9. Switching to another layoutを探し、▼をクリックします。
    (Debian以外のディストリビューションでは、日本語になっているかもしれません。)
    以下のスクリーンショットでは、左右のSHIFTキーを押すことによりレイアウト変更するように設定しました。
    キーボードレイアウト切替のキーボードショートカットキーはお好みで選択してくださいませ。
    07.png
     
  10. あとは、閉じるボタンで設定画面を閉じてください。
     
    以下のスクリーンショットはわかりづらいですが、SHIFT+2を押した時の出力です。 SHIFT+2を2回押したあと、左右のSHIFTを同時押しし、再度SHIFT+2を押した時の出力です。
    尚、再度左右SHIFT同時押しをすれば、日本語レイアウトに戻ります。
    08.png

以上、MATEデスクトップ環境で、キーボードレイアウトをショートカットキーで変更する設定手順でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file08.png 6件 [詳細] file06.png 8件 [詳細] file07.png 6件 [詳細] file05.png 7件 [詳細] file04.png 6件 [詳細] file03.png 6件 [詳細] file02.png 7件 [詳細] file01.png 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-24 (日) 22:10:18 (22d)