このエントリーをはてなブックマークに追加


再起動時のファイルシステムチェックfsckを抑止する方法

再起動時、適期的にハードディスクのファイルシステムをチェックするためfsckが起動されます。
これによりチェックが終わるまでマシンが使用できない状態になります。
tune2fsコマンドを使用することにより、fsckのチェックを抑止することができます。
本資料で使用したディストリビューションはCentOS5になります。
本使用の操作はrootユーザで行うので注意して操作をしてください。


スポンサーリンク

関連資料

tune2fsコマンドで現在の状態を確認

rootユーザになりtune2fsコマンドを利用しデバイスを指定すると、次回いつfsckによるファイルチェックを行うかを確認することができます。
コマンドの構文は以下の通りです。

tune2fs -l デバイス

以下にデバイス名 /dev/sdc1 を指定して実行した結果を記します。
(このデバイスはUSB接続による増設ハードディスクです。)

# tune2fs -l /dev/sdc1
tune2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem volume name:   <none>
Last mounted on:          <not available>
Filesystem UUID:          11111111-2222-3333-1234567890ab
Filesystem magic number:  0xEF53
Filesystem revision #:    1 (dynamic)
Filesystem features:      has_journal resize_inode dir_index filetype sparse_super large_file
Default mount options:    (none)
Filesystem state:         clean
Errors behavior:          Continue
Filesystem OS type:       Linux
Inode count:              366297088
Block count:              732566400
Reserved block count:     36628320
Free blocks:              721019544
Free inodes:              366297077
First block:              0
Block size:               4096
Fragment size:            4096
Reserved GDT blocks:      849
Blocks per group:         32768
Fragments per group:      32768
Inodes per group:         16384
Inode blocks per group:   512
Filesystem created:       Tue Apr 23 13:25:23 2013
Last mount time:          n/a
Last write time:          Tue Apr 23 13:48:29 2013
Mount count:              0
Maximum mount count:      26
Last checked:             Tue Apr 23 13:25:23 2013
Check interval:           15552000 (6 months)
Next check after:         Sun Oct 20 13:25:23 2013
Reserved blocks uid:      0 (user root)
Reserved blocks gid:      0 (group root)
First inode:              11
Inode size:               128
Journal inode:            8
Default directory hash:   tea
Directory Hash Seed:      1234567890abc-aaaa-bbbb-efefefefefef
Journal backup:           inode blocks

上記で確認する項目は以下の3点になります。

  • Mount count
    前回のファイルシステムチェックからマウントされた回数。
  • Maximum mount count
    Mount countがこの回数に達すると起動時にファイルシステムチェックが動作します。
  • Check interval
    この値の期間が過ぎると次回起動時ファイルシステムチェックが動作します。

上記項目の値を変更することによりfsckのファイルシステムチェックを抑止することができます。

fsckによるファイルシステムチェックを抑止する

tune2fsコマンドを使用し上記の対象項目の値を変更してみます。
Maximum mount countとCheck intervalの値の両方を変更しfsckのファイルシステムチェックを抑止します。

Maximum mount countの値を変更する

Maximum mount countの値を変更する場合、以下の構文になります。

tune2fs -c -1 デバイス名

実際に実行した結果を記します。

# tune2fs -c -1 /dev/sdc1 
tune2fs 1.39 (29-May-2006)
Setting maximal mount count to -1
# tune2fs -l /dev/sdb1
<省略>
Mount count:              0
Maximum mount count:      -1
Last checked:             Tue Apr 23 13:25:23 2013
Check interval:           15552000 (6 months)
Next check after:         Sun Oct 20 13:25:23 2013
<省略>

Maximum mount count:が-1に設定されました。

Check intervalの値を変更する

Check intervalの値を変更する場合、以下の構文になります。

tune2fs -c 0 デバイス名

実際に変更した時の出力を記します。

  • コマンド実行前の値を確認
    # tune2fs -c -1 /dev/sdc1 
    <省略>
    Check interval:           15552000 (6 months)
    Next check after:         Sun Oct 20 13:25:23 2013
    <省略>
  • Check intervalの値を変更
    # tune2fs -i 0 /dev/sdc1 
    tune2fs 1.39 (29-May-2006)
    Setting interval between checks to 0 seconds
  • コマンド実行後の値を確認
    # tune2fs -c -1 /dev/sdc1 
    <省略>
    Check interval:           0 (<none>)
    Reserved blocks uid:      0 (user root)
    Reserved blocks gid:      0 (group root)
    <省略>
    Next check afterが表示されなくなりました。

以上、tune2fsを使用し再起動時のfsckによるファイルシステムチェックを抑止する方法を記述しました。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:29:48 (1190d)