このエントリーをはてなブックマークに追加


パソコン・テレビ用外付けUSBハードディスクをCentOSに増設してみた

パソコン・テレビ用外付けUSBハードディスクをCentOS5で使用できるようにしたときの資料です。
購入時、ハードディスクはNTFSでフォーマットされており、Linuxでは使用できない旨のメッセージが表示されました。
以下に購入したハードディスクをext3でフォーマットして増設した手順を記します。


スポンサーリンク

関連資料

NTFSは未サポートメッセージ

購入したばかりのBUFFALO HD-LBVU3をCentOS5がインストールされているUSBポートに接続すると以下のメッセージが表示されました。

01.gif
 

よって、このUSB外付けハードディスクをext3でフォーマットし使用できるようにしました。

外付けハードディスクのデバイス名を調べる

以下の手順で外付けハードディスクのデバイス名/dev/....を調べます。

GPartedを使用する場合(GUI操作)

CentOS5のレポジトリには、GPartedがありません。
EPELリポジトリを追加し、以下のコマンドをrootユーザになり実行すればGPartedをインストールすることができます。

yum -y install gparted

インストール後は、アプリケーション→システムツールから起動できるようになりました。

尚、EPELのリポジトリを追加する方法は以下の記事の「Fedora EPEL リポジトリを追加」を参考にしてください。
本記事を作成した時点では、CentOS5.9ですが以下の記事でも問題無く利用できます。

GUIツールであるGpartedを使用した場合は、以下のように表示されました。
USB接続したハードディスクはNTFSなので以下のように表示されています。
当方の環境では、/dev/sdcになりました。

02.gif

以下のように/dev/sdc1と表示されている緑色の枠内を右クリックするとメニューが表示されます。
フォーマットをクリックしext3をクリックすればext3になるように設定されます。
この時点では、まだext3にフォーマットされていません。

03.gif
 

GPartedの画面が小さいと上記にある適用ボタンが隠れていいます。
GPartedのウィンドウを引き延ばし適用ボタンを押してください。
この操作でNTFSからext3にフォーマットされます。

04.gif
 

フォーマット中の画面です。

05.gif
 

しばらく待つとext3のフォーマットが完了します。

以上の操作によりUSBポートに抜きさしすれば自動マウントされるようになります。

コマンドでext3にフォーマットする

端末を起動しrootユーザになりfdisk -lコマンドを実行します。
以下のように表示され、/dev/sdc(/dev/sdc1)がUSB接続されたディスクであることが確認できます。

[root@centos ~]# fdisk -l

Disk /dev/sda: 500.1 GB, 500107862016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 60801 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
/dev/sda2              14       60801   488279610   8e  Linux LVM

<省略>

WARNING: GPT (GUID Partition Table) detected on '/dev/sdc'! The util fdisk doesn't support GPT. Use GNU Parted.


WARNING: The size of this disk is 3.0 TB (3000592982016 bytes).
DOS partition table format can not be used on drives for volumes
larger than 2.2 TB (2199023255040 bytes). Use parted(1) and GUID 
partition table format (GPT).


Disk /dev/sdc: 3000.5 GB, 3000592982016 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 364801 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1               1      267350  2147483647+  ee  EFI GPT

mkfs.ext3コマンドでext3にフォーマットします。
(調べたデバイス名を使用してください。)
この資料で使用した環境では以下のようになります。

mkfs.ext3 /dev/sdc1

実際に実行中の画面です。

[root@centos ~]# mkfs.ext3 /dev/sdc1
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
366297088 inodes, 732566400 blocks
36628320 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
22357 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16384 inodes per group
Superblock backups stored on blocks: 
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
        4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968, 
        102400000, 214990848, 512000000, 550731776, 644972544

Writing inode tables:  1231/22357

終了すると以下のようなメッセージが表示されます。

Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 25 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

以上の操作によりUSBポートに抜きさしすれば自動マウントされるようになります。

起動時のファイルシステムのチェック間隔の変更方法

以下のメッセージについては「起動時のファイルシステムチェック間隔の確認」を参考にしてください。

This filesystem will be automatically checked every 25 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

fstabにmountポイントを記述する

automountなどを使用していないサーバー環境などでfstabに記述すれば、以下のようなコマンドで簡単にマウントすることができます。
作業はrootでおこなってください。
尚、本資料では増設したUSBハードディスクは/dev/sdc(/dev/sdc1)と認識されたのでfstabの記述も/dev/sdc1を利用しています。
本資料を使用する場合は読み替えてください。

  1. /etc/fstabに以下の行を追記しました。
    /dev/sdc1               /mnt/usbhdd              ext3    defaults        0 0
  2. マウントポイントを作成します。
    mkdir -p /mnt/usbhdd
  3. 実際にマウントしてみます。
    mount /mnt/usbhdd/
  4. マウントされているか確認します。
    [root@centos ~]# mount
    /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00 on / type ext3 (rw)
    proc on /proc type proc (rw)
    sysfs on /sys type sysfs (rw)
    devpts on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
    /dev/sda1 on /boot type ext3 (rw)
    <省略>
    /dev/sdc1 on /mnt/usbhdd type ext3 (rw)
  5. アンマウント(マウント解除)してみます。
    umount /mnt/usbhdd/

以上、外付けUSBハードディスクを使用する方法でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file04.gif 108件 [詳細] file03.gif 127件 [詳細] file01.gif 115件 [詳細] file05.gif 112件 [詳細] file02.gif 106件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:29:50 (1247d)