このエントリーをはてなブックマークに追加


Debianでjavaのバージョンを入れ替える・update-alternatives

Debianでopenjdkの6と7のパッケージがインストール済環境で
Javaのバージョンを切り替える(パスを通す)手順を以下に記します。


スポンサーリンク

update-alternativesコマンドで切り替え

管理者権限(root)にて以下のコマンドを使用することにより使用するJavaのバージョンを切り替えることができます。

update-alternatives --config java

実際に上記コマンドを実行した時の出力を以下に記します。

sakura@mini:~/swing$ su -
パスワード:
root@mini:~# update-alternatives --config java
alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。

  選択肢    パス                                         優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/jre/bin/java   1061      自動モード
  1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/jre/bin/java   1061      手動モード
  2            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-i386/jre/bin/java   1051      手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2
update-alternatives: /usr/bin/java (java) を提供するために 手動モード で /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-i386/jre/bin/java を使います
root@mini:~# update-alternatives --config java
alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。

  選択肢    パス                                         優先度  状態
------------------------------------------------------------
  0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/jre/bin/java   1061      自動モード
  1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/jre/bin/java   1061      手動モード
* 2            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-i386/jre/bin/java   1051      手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 
root@mini:~# java -version
java version "1.7.0_75"
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea 2.5.4) (7u75-2.5.4-1~deb7u1)
OpenJDK Server VM (build 24.75-b04, mixed mode)
root@mini:~# 

上記の操作でjava-6-openjdkからjava-7-openjdkに切り替えています。

以上、Debianにインストールされた複数バージョンのjavaの切り替えを行うコマンドおよび操作手順でした。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-23 (木) 21:53:03 (1179d)