このエントリーをはてなブックマークに追加


rpmforgeは停止中

本記事でご紹介しているRPMForge(RepoForge)ですが、終了した模様です。
2016年7月20日あたりからリポジトリへの接続不可となっています。
http://repoforge.org/

接続すると以下のメッセージが掲載されています。
RepoForge might be outdated. We have no updates since very long time.
したがって、本記事の操作はできなくなっています。

CentOSでrarファイルの解凍(展開)

PHPでpChartライブラリを利用するためダウンロードしました。
ダウンロードしたファイルの拡張子はrarでした。
今回、rarアーカイブを解凍(展開)する方法を記します。


スポンサーリンク

rpmforgeからインストールする

rpmforgeにunrarがあるので、rpmforgeリポジトリを既に登録して有効にしている場合は、以下のコマンドでインストールすることができます。

yum install unrar

rpmforgeのリポジトリをインストールする

rpmforgeのリポジトリをインストールする方法は以下の通りです。

  1. ブラウザを起動して以下のURLに接続
    http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/
  2. rpmforge-release-XXX.XXX.rf.XXX.rpm のようなファイルがあります。
    XXXにはバージョンやアーキテクチャが記されています。
    以下のブラウザのスクリーンショットを見ると右側にディストリビューションのバージョンとアーキテクチャが表示されていますので、対応するディストリビューションのバージョンとアーキテクチャのファイルをダウンロードしてください。
    unrar-01.gif
     
    私の使用している環境(本資料作成時)は、CentOS5.8の64bit版なので、rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm をダウンロードしました。
  3. ダウンロードしたファイルをインストールします。
    ブラウザでソフトウェアインストーラを起動してインストールすることもできますがダウンロード後、端末を起動しrpmコマンドによりインストールしました。
    rootユーザになり以下のコマンドを実行しました。
    rpm -ivh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm
    以下、上記コマンドを実行した時の出力です。
    # rpm -ivh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm 
    warning: rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm: Header V3 DSA signature: NOKEY, key ID 6b8d79e6
    Preparing...                ########################################### [100%]
       1:rpmforge-release       ########################################### [100%]
  4. 他のリポジトリとアプリケーションの衝突予防と、rpmforgeが常に必要では無いので以下の設定でrpmforgeリポジトリを無効にしました。
    (今回はunrarが欲しいだけなので)
     
    rootユーザで以下のファイルをエディタで開きます。
    /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
    8行目のenable = 1 を enable = 0 にして上書き保存しました。
     1: ### Name: RPMforge RPM Repository for RHEL 5 - dag
     2: ### URL: http://rpmforge.net/
     3: [rpmforge]
     4: name = RHEL $releasever - RPMforge.net - dag
     5: baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/$basearch/rpmforge
     6: mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge
     7: #mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
     8: enabled = 0
     9: protect = 0
    10: gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
    11: gpgcheck = 1
    今回、enableになっていたセクションが[rpmforge]のみでしたが、他のセクションがenable = 1になっているようであれば、eneble = 0にしたほうが良いでしょう。
     

無効になっているrpmforgeリポジトリからunrarをインストールする

以下のように--enablerepo=rpmforgeとすると、一時的にrpmforgeリポジトリが有効になります。

yum --enablerepo=rpmforge install unrar

コマンドを実行した時の出力です。

# yum --enablerepo=rpmforge install unrar
rpmforge                                                 | 1.1 kB     00:00     
rpmforge/primary                                         | 4.0 MB     00:10     
rpmforge                                                            11156/11156
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package unrar.x86_64 0:4.1.4-1.el5.rf set to be updated
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package        Arch            Version                 Repository         Size
================================================================================
Installing:
 unrar          x86_64          4.1.4-1.el5.rf          rpmforge          115 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       1 Package(s)
Upgrade       0 Package(s)

Total download size: 115 k
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
unrar-4.1.4-1.el5.rf.x86_64.rpm                          | 115 kB     00:01     
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing     : unrar                                                    1/1 

Installed:
  unrar.x86_64 0:4.1.4-1.el5.rf                                                 

Complete!

rpmforgeから直接unrarを取ってくる

以下のURLから直接unrarのrpmパッケージをダウンロードしてインストールする方法もありますね。

http://pkgs.repoforge.org/unrar/

unrarコマンドを使ってみる

以下のようにすればrarファイルを解凍(展開)することができます。

  • ディレクトリを含む場合はディレクトリも展開(ほとんどxオプションで展開すると思います)
    unrar x rarファイル名
  • カレントディレクトリに展開(ディレクトリが展開されずカレントディレクトリに展開されます)
    unrar e rarファイル名
    解凍せずに内容を確認したい場合は以下のようにします。
    unrar t rarファイル名

RARLABからダウンロードしてインストールする方法

rpmforgeからではなく、RARLABから入手する方法もあります。

  • RARLAB WinRAR and RAR archiver addons
    http://www.rarlab.com/rar_add.htm
    unrar-02.gif
     
    このサイトのunrarの場合は、今回試した環境がCentOS5.8の64bit版なので、unrar-linux-x64.gzをダウンロードしました。
    以下のようにすれば、使用できます。
    # gunzip unrar-linux-x64.gz
    # chmod +x  unrar-linux-x64
    # cp unrar-linux-x64 /usr/local/bin/

スポンサーリンク


添付ファイル: fileunrar-02.gif 385件 [詳細] fileunrar-01.gif 473件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-24 (火) 17:55:21 (482d)