このエントリーをはてなブックマークに追加


CentOSでntfsドライブ(領域)をマウントする

WindowsとCentOS6デュアルブート環境でWindowsのドライブをマウントしようとすると、以下のようにメッセージが表示されました。

mount: 未知のファイルシステムタイプ 'ntfs'

以下、CentOS 6でNTFSドライブをマウントする方法を記します。


スポンサーリンク

関連記事

NTFSをマウントするためのパッケージを導入

NTFSドライブをマウントするために、ntfs-3gを導入しました。

ntfs-3gのパッケージが標準(デフォルト)ではなかったため、EPELのリポジトリを導入しました。

EPELリポジトリの導入

Fedora EPELに接続しepel-releaseをダウンロードしてインストールします。
http://fedoraproject.org/wiki/EPEL/ja

「EPELを使ってみよう」のリンクからたどり、epel-releaseをインストールしました。

ntfs-01.gif
 

今回は、CentOS6なのでEPEL6を使用します。

以下、i386, x86_64のepel-releaseのページのURLを記します。

今回利用したCentOS6(当方の環境)は32bit版なのでi386のepel-releaseを導入しました。

ntfs-02.gif
 
  • epel-release-6-5.noarchをダウンロードしインストール。 ダウンロードしたディレクトリに移動し以下のコマンドでインストールしました。
    $ su -c "rpm -ivh epel-release-6-5.noarch.rpm"
    パスワード:
    警告: epel-release-6-5.noarch.rpm: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID 0608b895: NOKEY
    準備中...                ########################################### [100%]
       1:epel-release           ########################################### [100%]

インストールしたリポジトリ情報は以下の場所に保存されています。

/etc/yum.repos.d/epel.repo

今回は、EPELのパッケージは標準リポジトリとあまり干渉しないのではと思い、インストールしたままで利用しています。
非標準のリポジトリを導入した場合は、導入したリポジトリを有効/無効を設定するenabledを無効(0)にしたり、優先順位を設定することができます。
参考資料として以下のリンクを参照してください。
また、EPEL導入や優先順位などで検索すれば情報が見つかると思います。

ntfs-3gを導入

EPELを導入したあと、yum searchコマンドで検索した結果です。
ntfs-3gが表示されています。

# yum search ntfs
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
epel/metalink                                            | 3.7 kB     00:00     
 * base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * updates: ftp.jaist.ac.jp
epel                                                     | 4.0 kB     00:00     
epel/primary_db                                          | 3.5 MB     00:01     
============================== N/S Matched: ntfs ===============================
ntfs-3g.i686 : Linux NTFS userspace driver
ntfs-3g-devel.i686 : Development files and libraries for ntfs-3g
ntfsprogs.i686 : NTFS filesystem libraries and utilities
ntfsprogs-devel.i686 : Headers and libraries for libntfs
ntfsprogs-gnomevfs.i686 : NTFS GNOME virtual filesystem module

  Name and summary matches only, use "search all" for everything.

rootになり、以下のコマンドでntfs-3gをインストールしました。

# yum install ntfs-3g

以下、コマンドを実行したときの出力です。
途中で、Is this ok [y/N]と問い合わせさてましたので、yを押しEnterキーを押しました。

# yum install ntfs-3g
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * epel: ftp.iij.ad.jp
 * extras: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * updates: ftp.jaist.ac.jp
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package ntfs-3g.i686 2:2011.4.12-5.el6 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package          Arch          Version                     Repository     Size
================================================================================
Installing:
 ntfs-3g          i686          2:2011.4.12-5.el6           epel          284 k

Transaction Summary
================================================================================
Install       1 Package(s)

Total download size: 284 k
Installed size: 648 k
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
ntfs-3g-2011.4.12-5.el6.i686.rpm                         | 284 kB     00:00     
警告: rpmts_HdrFromFdno: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID 0608b895: NOKEY
Retrieving key from file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
Importing GPG key 0x0608B895:
 Userid : EPEL (6) <epel@fedoraproject.org>
 Package: epel-release-6-5.noarch (installed)
 From   : /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
Is this ok [y/N]: y
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Warning: RPMDB altered outside of yum.
  Installing : 2:ntfs-3g-2011.4.12-5.el6.i686                               1/1 

Installed:
  ntfs-3g.i686 2:2011.4.12-5.el6                                                

Complete!

NTFSドライブのマウント

ntfs-3gをインストールしたあと、以下のGUI操作によりNTFSドライブ(領域)をマウントしました。

  1. 場所→ファイルシステムでNTFSドライブ(領域)をクリック
    ntfs-03.gif
     
  2. rootパスワードを入力し認証を行う
    ntfs-04.gif
     
  3. マウントされたドライブ内が表示されました。
    ntfs-05.gif
     
    尚、mountコマンドによるNTFSドライブのマウントができることも確認しました。

追記

未実施ですが、EPELリポジトリを導入せず、EPELのページからntfs-3gのパッケージのみをダウンロードしインストールすれば、同様の結果になると思います。


スポンサーリンク


添付ファイル: filentfs-01.gif 2946件 [詳細] filentfs-05.gif 350件 [詳細] filentfs-04.gif 370件 [詳細] filentfs-03.gif 381件 [詳細] filentfs-02.gif 2519件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:27 (1249d)