このエントリーをはてなブックマークに追加


CentOSでLAPP環境を構築する

この資料はCentOS5とCentOS6を使ってLAPP環境を構築します。


スポンサーリンク

関連資料

以下の設定をしたのに、他のPCからブラウザを起動しIPを指定してもデフォルトのウェブページが見れない場合は以下の資料を参考にしてください。
GUIを利用したファイアウォールの設定資料になります。
本記事では、CUI(tui)を利用したiptablesの設定方法も記述してあります。

LAPPに必要なソフトェアのインストール

LAPPとは

LAPPとは以下のソフトウェアの頭文字を取ったものです。

ソフトウェア名ソフトウェアの説明
LinuxOS
ApacheHTTPサーバ
PostgreSQLデータベース
PHPスクリプト言語

yumコマンドでLAPP必要なパッケージをインストール

以下のコマンドでApache, PostgreSQL, PHPのパッケージをインストールします。

CentOSにLAPP環境をインストール(CentOS 5, CentOS 6共通)

以下、実際にインストールしたときの出力です。

LAPP環境に必要なパッケージをインストール(CentOS 5, CentOS 6共通)

以下のコマンドでLAPP環境に必要なパッケージをインストールしました。
作業はrootユーザで行ってください。

yum install httpd php postgresql postgresql-server php-pgsql php-mbstring php-gd

(mbstring, gdも一緒にインストールしています。)

PostgreSQLの初期化(CentOS 5, CentOS 6共通)

chkconfig postgresql onコマンドを実行したあと、再起動してもPostgreSQLが起動しない場合や、service postgresql startコマンドを実行したとき、以下のメッセージが表示された場合は、メッセージ通り service postgresql initdb を実行してください。

[root@centos ~]# service postgresql start

/var/lib/pgsql/data is missing. Use "service postgresql initdb" to initialize the cluster first.
  • service postgresql initdb 実行時の出力
    /var/lib/pgsql/data is missing. Use "service postgresql initdb" to initialize the cluster first.
    [root@centos ~]# service postgresql initdb
    データベースを初期化中:                                    [  OK  ]

LAPP環境の自動起動設定(CentOS 5, CentOS 6共通)

PC起動でPostgreSQL, apache(httpd)が起動するようにするため、以下のコマンドを実行しました。

  • PostgreSQL(postgresql)の自動起動設定
    chkconfig postgresql on
  • apache(httpd)の自動起動設定
    chkconfig httpd on

LAPP環境の自動起動設定をしないで起動する方法(CentOS 5, CentOS 6共通)

上記の自動起動設定を行わない場合は、serviceコマンドでPostgreSQL, apache(httpd)を起動します。

  • apache(httpd)の起動
    service httpd start
  • PostgreSQLの起動
    service postgresql start

PHPの動作確認(CentOS 5, CentOS 6共通)

/var/www/htmlに以下のPHPスクリプトを配置します。
ファイル名はinfo.phpにしました。

<?php phpinfo(); ?>

当方、以下のコマンドでinfo.phpを作成しました。

echo '<?php phpinfo(); ?>' > /var/www/html/info.php

ブラウザで確認したスクリーンショットです。(CentOS 5)

#ref(): File not found: "LAPP-01.gif" at page "CentOS/CentOSでLAPP環境を構築"

ファイアーウォールの設定

LAPP環境の構築ができましたが、iptables(ファイアーウォール)が有効の場合、外部のPCから接続できません。
これは、httpの80番ポートが開いていないためです。
以下の操作により80ポートを開けます。
尚、iptablesを起動していない場合は、以下の操作は不要です。

CentOS 5編

CUI(TUI)を利用した設定方法を記述します。

  1. 端末を起動しrootユーザになり、以下のコマンドを実行します。
    system-config-securitylevel-tui
  2. 以下の画面が表示されるので、TABキーを押しカスタマイズにフォーカスを移動し、Enterキーを押します。

    #ref(): File not found: "LAPP-02.gif" at page "CentOS/CentOSでLAPP環境を構築"

     
  3. TABキーでWWW (HTTP)にフォーカスを移動し、スペースキーを押します。(*が表示されます。)
  4. TABキーでOKにフォーカスを移動し、Enterキーを押します。
  5. 最初の画面が表示されるので、OKにフォーカスを移動し、Enterキーを押せば設定完了です。

以上で外部PCから接続できるようになります。

CentOS 6編

CUI(TUI)を利用した設定方法を記述します。

  1. 端末を起動しrootユーザになり、以下のコマンドを実行します。
    system-config-firewall-tui
  2. 以下の画面が表示されるので、TABキーを押しカスタマイズにフォーカスを移動し、Enterキーを押します。

    #ref(): File not found: "LAPP-03.gif" at page "CentOS/CentOSでLAPP環境を構築"

     
  3. TABキーでWWW (HTTP)にフォーカスを移動し、スペースキーを押します。(*が表示されます。)
  4. TABキーで閉じるにフォーカスを移動し、Enterキーを押します。
  5. OKにフォーカスを移動し、Enterキーを押します。
  6. iptablesの上書き警告が表示されるので、TABキーで「はい」にフォーカスを移動しEnterキーを押せば終了です。

以上で外部PCから接続できるようになります。

尚、この操作で設定されたファイルは、 /etc/sysconfig/iptables になります。

ファイアウォール、PHP関連資料

GUIを利用したhttpポートの開け閉めは以下のリンクを参照してください。


スポンサーリンク


添付ファイル: filelapp-03.gif 57件 [詳細] filelapp-02.gif 63件 [詳細] filelapp-01.gif 73件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:28 (1188d)