このエントリーをはてなブックマークに追加


CentOSでカーネルアップデートを抑止する

yumコマンドでカーネルがアップデートされないようにする設定方法を以下に記します。


スポンサーリンク

yum.confの設定

yum.confにカーネルアップデートをしないように設定することができます。
以下、CentOS7の/etc/yum.confになります。
先頭から20行を表示させています。

$ cat /etc/yum.conf | head -20
[main]
cachedir=/var/cache/yum/$basearch/$releasever
keepcache=0
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
exactarch=1
obsoletes=1
gpgcheck=1
plugins=1
installonly_limit=5
bugtracker_url=http://bugs.centos.org/set_project.php?project_id=23&ref=http://bugs.centos.org/bug_report_page.php?category=yum
distroverpkg=centos-release


#  This is the default, if you make this bigger yum won't see if the metadata
# is newer on the remote and so you'll "gain" the bandwidth of not having to
# download the new metadata and "pay" for it by yum not having correct
# information.
#  It is esp. important, to have correct metadata, for distributions like
# Fedora which don't keep old packages around. If you don't like this checking

mainセクションに exclude=kernel* を追記すればyumコマンドでカーネルアップデートされないようにできます。
記述は以下のようになります。
mainセクションの一番下に追記してあります。

[main]
cachedir=/var/cache/yum/$basearch/$releasever
keepcache=0
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
exactarch=1
obsoletes=1
gpgcheck=1
plugins=1
installonly_limit=5
bugtracker_url=http://bugs.centos.org/set_project.php?project_id=23&ref=http://bugs.centos.org/bug_report_page.php?category=yum
distroverpkg=centos-release
exclude=kernel*

<snip>

/etc/sysconfig/kernelについて

/etc/sysconfig/kernelは、新しいカーネルにアップデートしても起動設定は前のままにする設定を行うことができます。
yesがデフォルトの設定です。

UPDATEDEFAULT=yes

yesをnoにすれば、カーネルアップデートをしても前の設定のままになります。

UPDATEDEFAULT=no

以上、カーネルアップデートを抑止する設定方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:30:26 (1185d)