このエントリーをはてなブックマークに追加


nc(netcat)コマンドでTCP,UDP通信を行う

nc(netcat)コマンドを利用すると簡単に通信をすることができます。

  • 注意
    iptablesなどが動作していて設定次第では通信がブロックされ通信ができない場合があります

スポンサーリンク

nc(netcat)コマンドを利用したTCP通信

以下、2つのターミナルを開いてlocalhostにて実行した結果です。
localhost部分を外部のホストに変更すれば外部とも通信できます。

No送信側受信側
1 リッスンモードにてncコマンドを実行
$ nc -l 50000
2HELLOを送信
$ echo "HELLO" | nc localhost 50000
 
3 HELLOが表示されます。
$ nc -l 50000
HELLO

UDPにて通信をしたい場合は-uオプションを利用します。

他の使いかたに関してはWikipediaにもかかれていますので参考にしてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Netcat

-eオプションは通常は無効になっています

-eオプションは通常無効になっています。
-eオプションは受信時、コマンドを実行できるようになるのでバックドアを仕掛けることが可能となります。
-eオプションを利用したい場合は、コンパイル時にオプションを指定する必要があります。

 
 

スポンサーリンク

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:09 (1218d)