このエントリーをはてなブックマークに追加


ファイルのタイプを判定する方法・fileコマンド

fileコマンドを使うと、判定したファイルが実行ファイルなのか、テキストファイルなのか、シェルスクリプトなのかなどを判別してくれます。
以下にいくつかのファイルタイプを使用して実行例を記します。


スポンサーリンク

関連記事・関連資料

fileコマンドを使っていくつかのファイルタイプを判定してみる

実行ファイル、シェルスクリプト、テキストファイルなどをfileコマンドを使って判定した例を以下に記します。

実行ファイルをfileコマンドで判定してみる

以下、lsコマンドをfileコマンドでしてみた結果です。

$ file /bin/ls 
/bin/ls: ELF 64-bit LSB executable, AMD x86-64, version 1 (SYSV), for GNU/Linux 2.6.9, dynamically linked (uses shared libs), stripped

ELF 64bit LSB 実行ファイルであることと、共有ライブラリを使うことがfileコマンドの出力から確認することができます。

シェルスクリプトをfileコマンドで判定してみる

MySQLの起動スクリプトをfileコマンドで確認したときの出力です。

$ file /etc/init.d/mysqld 
/etc/init.d/mysqld: Bourne-Again shell script text executable

シェルスクリプトであることが確認できます。

テキストファイルをfileコマンドで判定してみる

自分で作成したテキストファイルをfileコマンドで判定したときの出力です。

$ file abc.txt 
abc.txt: UTF-8 Unicode text

UTF-8のテキストファイルであることが確認できます。

pythonスクリプトをfileコマンドで判定してみる

meldというグラフィカルなdiff&mergeアプリがあります。
このアプリはPythonで記述されています。 fileコマンドで判定した時の出力は以下のようになります。

$ file `which meld`
/usr/bin/meld: a python script text executable

他のスクリプト言語の場合

Perl, Rubyスクリプトでも同様にfileコマンドを実行した例です。

  • Perl
    $ file hello.pl 
    hello.pl: perl script text executable
  • Ruby
    $ file hello.rb 
    hello.rb: a /usr/bin/ruby script text executable

スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:27:42 (1218d)