このエントリーをはてなブックマークに追加


コピーまたはカットしたテキストを簡単にファイル出力する方法・cat Ctrl+d

Windowsで端末アプリを使っていると、コピーまたはカットしたテキストをファイルにしたい場合がありますよね。
viやnanoなどのテキストエディタを起動して、ペーストしてもよいのですが、わざわざ起動し、ペースト、保存、終了といちいち操作しなければなりません。
実は、catコマンドとCtrl+dを使えば簡単にペーストしたテキストをファイルに出力することができるのです。
以下の操作例を記します。


スポンサーリンク

Windows + Tera Termで操作してみる

以下のスクリーンショットなどは、Windows + Tera Termで操作しました。
もちろん、他の端末アプリケーションでも同様のことができますし、
Linuxデスクトップの端末上でも同様の操作ができます。

  1. 以下のスクリーンショットのように、メモ帳にCSVデータを用意し、Tera Termでログイン状態としました。
    01.png
     
  2. メモ帳のテキストをすべて選択し、コピーします。
    02.png
     
  3. Tera Term側で以下の構文を入力し、Enterキーを押します。
    cat > 出力ファイル名
    以下のスクリーンショットでは、/tmp/out.csvと指定しました。
    03.png
     
  4. 入力待ち状態になるので、先程コピーしたテキストをペーストします。
    Tera Termであれば、左クリックすればクリップボード内容確認ダイアログが表示されるので、OKボタンを押してペーストします。
    ターミナルによってペーストの操作は違うので読み替えてください。(本記事ではTera Termを使用しています。)
    04.png
     
  5. 以下のスクリーンショットのように、コピーしたテキストがペーストされたのを確認し、Ctrl+Dを押します。
    05.png
     
  6. Ctrl+Dを押すとプロンプトが戻ってきます。
    06.png
     
  7. 上記の操作でペーストしたテキストがファイルに保存されたので、確認してみます。
    07.png
     

以上、わざわざテキストエディタを起動しないで、端末上でテキストをペーストしてファイルに出力する操作方法でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file04.png 46件 [詳細] file03.png 51件 [詳細] file01.png 52件 [詳細] file07.png 48件 [詳細] file02.png 56件 [詳細] file06.png 54件 [詳細] file05.png 48件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-17 (月) 21:42:44 (612d)